goo

併願校の出題傾向

今のところは第一志望、第二志望ぐらいのところまでの過去問を中心に練習しているでしょう。

それが一般的な対策だと思います。そして、その練習の中で、大方第一志望、第二志望の出題傾向は把握できているでしょう。

で、併願校を選ぶとき、これらの学校と出題傾向が似ていれば非常にプラスになります。

つまり中心となる学習範囲があまり広がらなくなる。国語でいえば、例えば文学史や文法の問題は出ない学校を選べば、その対策は必要なくなるわけです。

算数の問題も割と標準的な問題がたくさん出る学校であれば、そういう傾向の学校を選んだ方が効率が良いことになります。

ただ、実際にはなかなかそううまくいかないこともあるでしょう。

しかしできることならば、そういうことが対策としてはプラスになりやすいので、併願校を考えるときのひとつの基準として考えてもいいかもしれません。

==============================================================
今日の田中貴.com

塾では習わないことを出題する
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

模擬試験の合格可能性
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 算数が得意だ... 夜寝られない子 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。