goo

何とかしたいなら

家庭教師をしている先生から、こんな話を聞きました。

6年生の最後に「かけこみ」で頼まれる受験生の状況がすごぶる悪いのだそうです。悪い、というのは成績も悪いが、本人がもう勉強する気がない。

これらの家庭が最初から受験準備をしなかったわけはありません。

むしろ相当早くから進学塾に通い勉強を始めたのだと思うのです。

しかし、早くから始めたからこそ、本人の準備が十分ではなく、ついていけなくなった。まあ、塾もそれなりに速いわけだし、たくさんの課題を出すことでできる子どもたちを選抜していくわけだから、選抜にもれてしまうと、状態はむしろ何もしないより悪くなる、と言っても良いでしょう。

で、ずっと低迷していて、もう最後だから、何とかしたい、というのでプロの家庭教師を高額で頼む。

まあ、しかし、それでうまくいくことは、まずありません。

今までズタズタにされた子どもたちの気持ちを一朝一夕で治せるわけではないのです。

本当は、ズルズル行く前に、もっと別の方法を考えれば良かったのですが、「入室テストに合格したから」というので下位のクラスでも何とかなるだろう、とつい思ってしまう。

入室テストのレベルって、相当低いと思って良いでしょう。

だって塾も商売ですから、人数を入れないとやっていけないところがあるからです。

手遅れにならないうちに、別の方法を考えた方が良いでしょう。

近年山の登り方を工夫しないと、最後まで到達できなくなっているように思えます。


今日の田中貴.com
第258回 中学入試と英語

6年生の教室から
習いごとをやめない

今日の慶應義塾進学情報
湘南の作文







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 何も心配して... 2017年東京、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。