社会時評

現代社会の有り様についてコメントする

マスコミの反乱

2017-05-17 21:44:21 | 日記
今日、マスコミの反乱が目立つ。
アメリカの新聞がそうであるし、日本の報道がそうである。
これはどおいう現象であろうか。
マスコミはコケにされた。
その意趣返しというところか。
いずれにしても、トランプ大統領の誕生は
予想以上の衝撃であったようだ。
日本はなおTPPに固執している。
鉄鋼の関税も大幅に引き上げられようとしている。
なにもかも番狂わせなのだ。
アメリカのマスコミはとにかくトランプが気に入らない。
なるようになってしまった。
今まで、マスコミは王様だったのだ。
今は、なりふり構わぬといった有様だ。
それに野党や共和党の一部が呼応している。
さて、今後であるがどうなるのか。
アメリカがロシアと仲良くしてなぜ悪い。
中国と仲良くしてなぜ悪い。
北朝鮮と仲良くしてなぜ悪い。
反動が勝つのかトランプが勝つのか。
正念場の6か月がはじまる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国のメディアとの対立 | トップ | ロシア疑惑 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。