社会時評

現代社会の有り様についてコメントする

戦争という逃げ道を断つ

2017-05-03 16:57:36 | 日記
安倍首相の個人的信念で憲法を変えられてはたまらない。
勿論、賛同する人々はそれなりに多数いるでしょう。
日本の中には復古的人々が少なからず存在することは事実です。
憲法といえば9条です。
戦争に、いい戦争はない、という言葉は至言だと思います。
国民を戦争に追いやるな。
戦争はいつも防衛のためだと言って始まります。
北朝鮮の危機が、軍事を必要だという論拠になります。
軍事があるから戦争がある。
外交による解決は憲法の国是としているところであります。
戦争の手段があるから外交がおろそかになる。
戦争という逃げ道を断つことが重要である。
森友問題は力でねじ伏せるというやり方をとりました。
傷ついた安倍首相に憲法を変える資格はありません。
正常な政府のもとでこの問題は議論されなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮問題 | トップ | アマゾン、100円ショップ   »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。