ぼくが考えること

日々感じたことをつらつらと書き残していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入社一年目の教科書

2017-01-03 16:47:16 | 日記
入社一年目もそろそろ終盤に入っているというのに、いまさらこんな本を読んでみました。

タイトル:入社1年目の教科書
著者:岩瀬大輔
出版社:ダイヤモンド社

自分の教訓として残すために、感想書きます。

感想
著者はライフネット生命の代表取締役らしい。
東京大学法学部を卒業して海外の会社勤務を経てハーバード経営大学院に留学、上位5%の成績で卒業して副社長としてライフネット生命保険を立ち上げた人。
スーパーエリートです。そりゃこんな人だったらなんだってできる、と思っちゃいますよね。
もちろん能力的なところは、個人差があります。でも考え方は、項目化されて、社会人としての基礎がつまっている本だと感じました。

私がこの本で一番重要だと感じたのは、仕事は、早く、ということです。
当たり前のことですよね。でも私はそれができていません。
早くするのはなぜメリットがあるのか、などしっかり書かれています。
私は、よくいると思いますが、完璧を目指して仕事が遅くなってしまうタイプです。
だからこそ、この本が重要視しているこの内容は、やっぱりな、と思いました。
感じていたことでも、書面を通すと、今のままじゃダメだ、と痛感します。

重要項目
・頼まれたことは必ずやりきる
・50点でいいから早く出す
・つまらない仕事はない

意識したいこと整理
・メールの返信速度
「いつまで」「なんのために」
仕事は復習がすべて
・会議での発言
苦手な人は好きなところを探す
質問はメモを見せながら
仕事は総力戦
・情報は原典をあたる
・相手との距離感
休息も仕事

1時間~2時間程度ですっきりと読めるので、意識を変えたい方は手にとって見るといいかもですね。
大切なのは読むだけではなく、それを実行する行動力です(自分にいっています。)



メモ
私は生涯の望みは大きくはありません。仕事をやりがいもって、給料分しっかりと働き、好きな人と一緒になる。
そして、仲のよい友人たちと旅行にいったりして過ごす。それで十分です。
そのために、今は仕事を精一杯しなければいけないんですねやっぱり。
深く考えて、やっぱ自分には向いてないとか、弱気によくなりますが、少しずつ乗り越えていこうと思う。
広い視野をもって、外に目をむける努力をしよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年、変わるために | トップ | 舞妓Haaaan!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。