池さんで働くおばさんの日記

デイサービス池さんを通して、夢の持てる地域づくりに情熱を傾けているおばさんのブログです。

新人たちの毎日

2016-09-30 23:56:21 | デイサービス池さん

9月から2人の新人職員が働いている池さん。

その上、ゆかりちゃんとみかちゃんが産休から復帰して、池さんは南川も大頭も、賑やかな毎日を過ごしております。

ゆかりちゃんと希咲ちゃんは、大頭へ出勤。

ゆったりとした空間で、まるまると成長中。

みかちゃんの赤ちゃんの平太が池さんに顔を出すと、すぐに皆が集まってくるわけで。

「か~んたく~ん」とか、「だ~いちゃ~~ん」と言って集まってくるばあさんたち。

いえ、平太ですけど・・・

だいちゃんではありませんけど・・・

とみかちゃんは思いながら、安全な場所に平太をうつさなければならない毎日。

なぜなら、距離感なく突進してくる人もいるし、周囲に関係なく平太を無理やり抱こうとする人もいるわけで。

とまあ、スリルとサスペンスに満ちた介護の現場。

こんなにもいろんな人がいる空間は、きっと他にはない気がする今日この頃。

平太も希咲ちゃんも、雑多な人たちの中で、池さんベビーとして堂々と成長中。

近々池さん新聞でお披露目の予定。

乞うご期待くださいませ。

 

さて、新人たち。

数年来の様々な状態や問題を改善するため、今年度から池さん的新人研修を行うことにしました。

池さんのことや考え方や、想いや大切にしてきた柱について、しっかりと理解した上でスタートしてもらいたいと思い、研修を行っています。

それぞれがばらばらに、ここでの価値観を作り上げてしまわないように、思いこみで仕事をしてしまうことのないように、継続して研修を重ねていきたいと思っています。

あっ、どこも研修はしているって?

池さん的研修は、きわめて個性的な内容でありまして、介護の技術とかではなく極めてメンタルな内容のもの。

スタートは白帯。

黄色帯、緑帯、茶色帯、そして黒帯目指して頑張ってほしいと思っています。

新人の言葉

「ここへきて一皮むけました」

一皮むけた新人は、ばあちゃんと一緒に風呂に入るため、タンクトップとギリギリまでまくりあげた短パン姿で入浴介助中。

一緒にお風呂を楽しもうという気持ちが伝わってきて、なんだか嬉しくなります。

入浴介助法というありきたりな介護の手法うんぬんより、とにかく楽しい入浴にとばあちゃんの気持ちを第一に考えてくれる新人に心が温かくなります。

出発は、その気持ちで十分。

目の前の年寄りの心の中を、推し量ることができる職員になって欲しいと思います。

一緒に泣いたり笑ったりできる豊かな気持ちの職員に成長してくれることを願っています。

介護の現場が長かった新人もいます。

優しい気持ちがきっと年寄りに伝わるでしょう。

ばあちゃんたちを好きなその気持ちを、ずっと忘れないでほしいと思います。

さてさて、これからまた、新しいものがたりが新しい人たちによって紡がれていくことを楽しみに、ワタクシも、もうひと頑張りするといたしましょう。

皆様もどうぞ、御一緒にお楽しみくださいね。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池さん会の報告 | トップ | 秋の夜に »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む