こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、ニュースの裏側を独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

大谷とチャプマン次元違う!160キロ超球ワクワク

2016-10-13 | ウェブログ

日米で野球のポストシーズン花盛り。

未明から夜まで、野球尽くし。
やっぱり野球が好きだ、と我ながら感心する。



日本ハムがソフトバンクと日本シリーズ進出をかけたCSが開幕した。
先発マウンドに大谷翔平。
セ・リーグは広島とDena。

昔はセの方が面白かったが今は怪物・大谷見たさ。
パ・リーグをセレクト。


最速162キロのストレートと140キロ台のスライダー、フォーク。
「大谷のボールはえぐい。俺じゃ打てない」
そう叫んだのは昨年の「トリプル3男」柳田悠岐。



大谷はほとんどが150キロ後半。
162キロを6球、160キロ超は17球。
7回を1安打無失点6三振。
打って2打数1安打1犠打。


海の向こうではカブスの左腕守護神チャプマン。
大谷以上に凄かった。
13球すべて100マイル(160キロ)超え。
最速166キロがうなりをあげた。
6-5の1点差で9回にリリーフ。
3者連続三振で地区シリーズを突破した。



ヤンキースはなぜ放出したのか、わからない。

先発と守護神の違いはあるが、2人の剛球ショーは見ていてワクワクする。

◆アルベルティン・チャプマン:1988年2月28日、キューバ出身。レッズ→ヤンキース→カブス。世界のプロ野球史上最速105マイル(169キロ)保持者。09年WBCキューバ代表。日本戦で先発、2回1/3で3失点。09年亡命。レッズ、レッドソックス、マーリンズ、ナショナルズ、ブルージェイズ、エンゼルスが争奪戦。10年1月、6年総額3025万ドル(約34億円)でレッズ入り。193センチ、98キロ。左投左打。



ジャンル:
スポーツ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さい秋みーつけた | TOP | 怪物くん清宮72号はただ今10位 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL