こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

マー君 魔の3回(今季全成績付録)

2017-07-22 | ウェブログ

ジキルとハイド。
マー君、3回以外は快投。
4回からの3イニングはパーフェクトだった。

魔のイニングは、またもアーチ病発症。
2発を含み計5安打を集中され、4点を奪われ逆転された。


3回はどこに投げても、打たれそうだった。
野球とは不思議だ。
同じ田中将大が投げているとは思えない。

それでも1-4からヤンキースは追いついた。
マー君の負けも消えた。

3試合連続で被弾。
7月4試合のマウンドで5発。
今シーズン26被弾は自己ワースト(15年25被弾)。

これだけ被弾すると、防御率も5点台を切れない。
4回以降のマー君と3回のマー君はどちらがホンモノか?



◆マー君2017年の足跡◆
★4月3日・先発×3-7レイズ(トロピカーナ)
2回2/3(67球)7失点8安打(本塁打2)3三振2四球 
※1敗
★4月9日・先発4-6オリオールズ(ボルティモア)
5回(92球)3失点6安打5三振4四球2死球
※1敗
★4月15日・先発4-3カージナルス(NY)
6回1/3(103球)3失点5安打(本塁打1)5三振2四球
※1勝1敗
★4月20日・先発9-1Wソックス(NY)
7回(96球)1失点6安打6三振2四球
※2勝1敗。防御率6・00
★4月28日・先発3-0レッドソックス(ボストン)
9回(97球)無失点3安打3三振無四球
※3勝1敗、防御率4・20
4月5試合3勝1敗
30回14失点28安打(本塁打3)22三振12四死球

★5月3日・先発11-5ブルージェイズ(NY)
6回1/3(91球)4失点8安打(本塁打2)三振無四球  
※4勝1敗 防御率4・46
★5月9日・先発10-4レッズ(シンシナチ)
7回(112球)4失点10安打(本塁打1)6三振1四球
※5勝1敗、防御率4・36
★5月15日・先発×7-10アストロズ(NY)
1回1/3(61球)8失点7安打(本塁打4)3三振2四球
※5勝2敗、防御率5・80
★5月21日・先発×5-9レイズ(タンパ)
3回0/3(76球)6失点9安打(本塁打3)4三振3四球
※5勝3敗、防御率6・56
★5月27日・先発×1-4アスレチックス
7回1/3(111球)1失点5安打13三振無四球
※5勝4敗、防御率5・86
5月5試合2勝3敗
25回0/3 25失点39安打(本塁打10)30三振6四球

★6月1日・先発×4-10オリオールズ(ボルチモア)
5回2/3(103球)7失点9安打(本塁打1)4三振2四球
※5勝5敗、防御率6・34
★6月7日・先発×4-5レッドソックス(NY)
5回(62球)5失点5安打(本塁打3)2三振1四球
※5勝6敗、防御率6・55(自責48)
★6月13日・先発5-3エンゼルス(LA)
6回2/3(89球)3失点4安打(本塁打1)8三振2四球
※5勝6敗、防御率6・07
★6月18日・先発×2-5アスレチックス(オークランド)
4回(82球)5失点8安打(本塁打3)10三振1四球
※5勝7敗、防御率6・34
★6月24日・先発2-1レンジャーズ(NY)
8回(100球)無失点3安打9三振2四球
※5勝7敗 防御率5・74(自責54)
★6月29日・先発12-3ホワイトソックス(シカゴ)
6回(101球)2失点6安打5三振3四球※6勝7敗、防御率5・56
6試合1勝3敗
35回1/3 22失点31安打(本塁打8)38三振11四球

★7月4日・先発6-3ブルージェイズ(NY)
7回(111球)1失点5安打8三振2四球
※7勝7敗、防御率5・25
★7月10日・先発×3-5ブルワーズ(NY)
4回
1/3(83球)5失点6安打(本塁打2)4三振2四球
※7勝8敗、防御率5・47
★7月17日・先発×0-2レッドソックス(ボストン)
7回2/3(112球)3失点8安打(本塁打1)9三振無四球
※7勝9敗、防御率5・33
★7月23日・先発5-6マリナーズ(シアトル)
6回(97球)4失点7安打(本塁打2)6三振無四球
※7勝9敗、防御率5・37

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清宮106号 全3試合アーチ | TOP | 偉大なり白鵬 数字が証明 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | ウェブログ

Trackback

Trackback  Ping-URL