こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

WBCビックリ箱!イスラエル4連勝

2017-03-12 | ウェブログ

世界ランク41位。
WBC初参戦。
本国野球人口は5000人。

イスラエルがあれよあれよ1次ラウンド3連勝。
2次ラウンド初戦の野球強国キューバに快勝。

もうビックリするしかない。
イスラエル2-1韓国
延長10回で初戦を競り勝った時は大番狂わせの報道。
第2戦は世界4位の台湾戦で20長短を浴びせる大勝。
イスラエル15-7台湾
第3戦のオランダは4番にバレンティン、中軸にはMLBで20本塁打を放つグレドリアス、ボガーツ。エースはソフトバンクで14連勝したバンデンハーク。
それがまたもや競り勝つ。
イスラエル4-2オランダ

1次ラウンドを3連勝で突破。
さすがに2次ラウンドのキューバには無理だろう。
そんな下馬評をひっくり返してしまった。
イスラエル4-1キューバ

キューバが弱いのか?
イスラエルが強いのか?
大金星、番狂わせのフレーズが怪しくなってきた。

では、イスラエルの野球事情は?
余りに情報が少ない。

いえるのはWBCメンバーに本国の土を踏んだものがいない、ということだ。

イスラエルといえば国際紛争の舞台。
パレスチナ紛争。
秘密組織モサド。

そのことしか知らない。
野球は国際試合の実績がほとんどなくい。
WBCは永住資格のある国から出場可能なのだ。
ユダヤ教徒やユダヤ人の祖父母を持つ外国人は市民権を得られる。
28選手のうち27人がユダヤ系米国人。


といっても韓国戦先発で3回無失点のマーキー投手。
MLB124勝の実績がある、とはいえ38歳で昨年は所属なしの引退状態だった。
メンバーは2A、3Aクラスの若手マイナーリーガーたち。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強いわドミニカ大逆転 米国... | TOP | 死闘!執念!侍ジャパン4連勝 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL