こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

野放し!世界の狂犬2匹

2017-08-14 | ウェブログ

一般の暮らしなら笑って済ませる。
「お互いエエ加減にしなはれ。大人気ない」
売り言葉に買い言葉。
言い出したら意地になる。

日常茶飯事だ。

だが、世界の指導者同士、となると別の話。
人類滅亡につながりかねない。
野放しには出来ない。

米国大統領”怒鳴るど”トランプ。
北朝鮮指導者キム・ジョン怨。

世界が不穏になったのは4月14日。
AP通信の取材に北朝鮮外務次官の発言。
「在韓米軍の基地や韓国大統領府を「数分間で焦土化する」
「日本本土や沖縄、グアムなどの米軍基地はもちろん、米本土もわが戦略ロケット軍の照準圏内にある」

北朝鮮官僚が勝手に発言するわけはない。
独裁者の指令の上での発言だ。

トランプ発言に北朝鮮が8月9日、猛反発した。
「火星12(中長距離弾道ミサイル)でグアム島周辺への包囲射撃を断行する作戦案を慎重に検討している」

繰り返す北朝鮮のグアム標的。

トランプ大統領が黙っていない。
「北朝鮮がグアムに対して何かすれば、誰も見たことのないような事態が北朝鮮で起きるだろう」



新婚旅行や観光地、巨人軍のキャンプ地としても知られる。
親しみあふれる島だ。

朝鮮戦争やベトナム戦争以上に、日本の身に迫る危機感。
なんせ狂犬2匹の言動だけに、笑って過ごせない。

核ボタンは間違いなく核保有国の指導者の手にある。
いつ、ヒトラーやムソリーニ、スターリンのような指導者が出てくるか。
それが齢重ねた我等の不安だった。

米国にとって標的は本土ではない。
グアムや日本のように遠い島のこと。
アメリカファーストの思想が、ここで発揮されてはたまらない。

武器を持ったら使いたくなる。
これぞオモチャ持たせた子供の発想であることを忘れてはならない。
「ああ、やっちゃったあ~」ではすまない。




ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボルト悲劇ラストラン!日本... | TOP | スマホ紛失…悶々 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | ウェブログ

Trackback

Trackback  Ping-URL