こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

五・一五事件だ!マー君4被弾惨劇(今季全成績付録)

2017-05-15 | ウェブログ

現地は5月14日だが日本時間は5月15日。
85年前、時の総理大臣・犬養毅が暗殺された。
海軍将校らが「問答無用!」の言葉を残した暗黒の歴史。

マー君は開幕マウンドのVTRを見ているようだった。

「問答無用!」の火だるま。
マー君の表情がアンビリーバボー!

いきなり先頭から2連発を浴びた。


【画像はBS・NHKから】

ここで修正、踏ん張るのがマー君だったがダメだった。

さらにヒットを重ねられ満塁。
ここで致命的なグランドスラムを浴び6失点。

ベンチのジラルディ監督もぼう然。
2回に入っても修正出来ない。
またもや、この日4発目を被弾。
2死取った後も、元同僚のベンルトランにフェンス直撃の適時二塁打。
5発目を浴びるところだった。

わずか6アウトをとれず、2回途中、今季最短KO降板となった。
渡米後でも最短タイ。
ルーキーイヤーだった14年9月のレッドソックス戦。
右ひじ痛から復帰2度目、7安打7失点のシーズン最終マウンドだった。



それにしても、打たれ方が酷い。
開幕KO後、5連勝と勝ち星こそ積んだが、内容がいまひとつだった。
5月3試合目14回2/3で16失点。
25安打のうち7本塁打は自信喪失につながりかねない。

今季は8試合で10本塁打を浴びている。
肩肘が悪いわけではない。
それだけに始末が悪い。

母の日のピンクのユニホーム姿が何とも、弱弱しく見えた。
「話せばわかる」と言ったのは犬養首相。
デレク・ジータ永久欠番セレモニーの日を台無しにした田中将大。
大ブーイングを浴びせたヤンキースファンに「話せばわかる」ことになるのか?

ブーイングは当然でしょう
▼田中将大「あれだけやられたら、ただ単に自分の力が相手よりもなかったということ。深刻な悪さではなかった。だからこそ、相手に完全に上回られたというだけ。何か合っちゃうんでしょうね。(ブーイングは)初めてじゃないだろうし、自分がそういう投球をしてるから当然だし、しようがない」

◆マー君2017足跡◆
★4月3日・先発×3-7レイズ(トロピカーナ)
2回2/3(67球)7失点8安打(被本塁打2)3三振2四球 
※1敗
★4月9日・先発4-6オリオールズ(ボルティモア)
5回(92球)3失点6安打5三振4四球2死球
★4月15日・先発4-3カージナルス(NY)
6回1/3(103球)3失点5安打(被本塁打1)5三振2四球
※1勝1敗
★4月20日・先発9-1Wソックス(NY)
7回(96球)1失点6安打6三振2四球
※2勝1敗。防御率6・00
★4月28日・先発3-0レッドソックス(ボストン)
9回(97球)無失点3安打3三振無四球
※3勝1敗、防御率4・20
★5月3日・先発11-5ブルージェイズ(NY)
6回1/3(91球)4失点8安打(被本塁打2)三振無四球  
※4勝1敗 防御率4・46
★5月9日・先発10-4レッズ(シンシナチ)
7回(112球)4失点10安打(本塁打1)6三振1四球
※5勝1敗、防御率4・36
★5月15日・先発×7-10アストロズ(NY)
1回1/3(61球)8失点7安打(本塁打4)3三振2四球
※5勝2敗、防御率5・80

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 93発の清宮に名将が仰天策 | TOP | 京ブラ青もみじ2万4981... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL