こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

ダルビッシュ1安打快投6勝 青木封じ(今季全成績付録)

2017-06-13 | ウェブログ

ダルビッシュは過去3試合連続で一発に泣いた。
ホームランも4試合連続で浴びていた。
マー君と同病のアーチ病。

だが、ダルビッシュはマー君と違い、好投しながら浴びる悔いの残るもの。

相手は前回3ラン一発で敗れた強打のアストロズ戦。
雪辱期したマウンドは低めに集め、アーチ病は克服した。

5回に1点献上しただけの安定したピッチング。
ヒットはこのタイムリー安打の1本だけ。


昨夜、日米2000安打した青木は二ゴロ、投ゴロとダルに封じられた。
青木はダルを攻略できない。
通算7打数ノーヒット。

とりあえず、日本人メジャー投手陣総崩れの中、ダルが踏ん張った。

◆ダルビッシュ2017足跡◆
★4月4日・先発5-8インディアンス(テキサス)
6回1/3(98球)4失点4安打(本塁打1)4三振5四球
※0勝0敗、防御率5・71
★4月9日・先発×1-6アスレチックス(テキサス)
6回(97球)1失点4安打5三振3四球
※0勝1敗、防御率・3・66
★4月14日・先発8-3エンゼルス(アナハイム)
7回(103球)無失点5安打10三振2四球
※1勝1敗。防御率2・33
★4月19日・先発×2-4アスレチックス(オークランド)
5回1
/3(82球)4失点3安打(本塁打1)4三振2四球
※1勝2敗。防御率3・28
★4月24日・先発5-2ロイヤルズ(テキサス)
8回(113球)2失点5安打(本塁打2)8三振1四球
※2勝2敗、防御率3・03
★4月30日・先発6-3エンゼルス(テキサス)
6回(125球)2失点3安打10三振4四球
※3勝2敗、防御率2・79
4月6試合3勝2敗
38回2/3 13失点24安打(本塁打4)41三振16四死球
★5月6日・先発3-1マリナーズ(シアトル)
7回(116球)1失点6安打(本塁打1)5三振4四球
※3勝2敗、防御率2・76
★5月11日・先発4-3パドレス(テキサス)
6回(96球)3失点7安打(本塁打2)6三振無四球
※3勝2敗
★5月17日・先発5-1フィリーズ(テキサス)
7回(95球)1失点4安打9三振2四球
※4勝2敗、防御率2・79
★5月22日・先発5-2タイガース6(デトロイト)
5回(105球)2失点5安打(本塁打1)7三振4四球
※5勝2敗、防御率2・83
★5月28日・先発×1-3ブルージェイズ(テキサス)
6回(112球)3失点5安打(本塁打1)4三振5四球
※5勝3敗
5月5試合2勝1敗
31回10失点27安打(本塁打5)31三振15四死球
★6月3日・先発×1-7アストロズ(テキサス)
5回(104球)3失点7安打(本塁打1)8三振2四球
※5勝4敗、防御率3・13
★6月8日・先発-4メッツ(テキサス)
7回1/(117球)3失点3安打(本塁打2)9三振2四球
900三振※5勝4敗、防御率3・18
★6月13日・先発6-1アストロズ(ヒューストン)
7回(103球)1失点1安打4三振3四球
※6勝4敗、防御率3・03

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長嶋はやっぱり太陽 立教大... | TOP | マー君アーチ病継続(今季全... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | ウェブログ

Trackback

Trackback  Ping-URL