こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

ダルビッシュ5失点!マエケン復活(今季全成績付録)

2017-06-19 | ウェブログ

父の日仕様の青いキャップより、真っ青になったのはダルの顔。


初回でダルビッシュが試合をぶち壊した。

いきなりの4失点。
1試合5失点は今季ワースト。

初球から抜け球が多く、おかしかった。
6月は4試合目の登板で4アーチを被弾。

5月、2点台だった防御率は3点台から戻せない。
よかったり悪かったり波が大きい。

この日はマエケンが先発復帰。
5回1失点3安打5三振2四死球と先制2点タイムリー。
12度目の登板で5勝目(3敗)をマーク。
防御率は4・70

▼ダルビッシュ6勝5敗

▼田中 将大 5勝7敗
▼前田 健太 5勝3敗1S

日本人投手のスカッとした活躍を切に期待している。

これが続いたら印象は良くない
ダルビッシュ有「カウントが悪く、相手が打ちたいところに投げないといけない状況にされた。これが続いたら印象は良くないので、もう5失点しないようにする」 

打者を攻めれた
▼前田健太「すごく良かった。うまく試合に入れた。打者を攻めていくことができた。有利なカウントに持っていけて勝負できた。こういう投球を続けたい」

 ◆ダルビッシュ2017足跡◆
★4月4日・先発5-8インディアンス(テキサス)
6回1/3(98球)4失点4安打(本塁打1)4三振5四球
※0勝0敗、防御率5・71
★4月9日・先発×1-6アスレチックス(テキサス)
6回(97球)1失点4安打5三振3四球
※0勝1敗、防御率・3・66
★4月14日・先発8-3エンゼルス(アナハイム)
7回(103球)無失点5安打10三振2四球
※1勝1敗。防御率2・33
★4月19日・先発×2-4アスレチックス(オークランド)
5回1
/3(82球)4失点3安打(本塁打1)4三振2四球
※1勝2敗。防御率3・28
★4月24日・先発5-2ロイヤルズ(テキサス)
8回(113球)2失点5安打(本塁打2)8三振1四球
※2勝2敗、防御率3・03
★4月30日・先発6-3エンゼルス(テキサス)
6回(125球)2失点3安打10三振4四球
※3勝2敗、防御率2・79
4月6試合3勝2敗
38回2/3 13失点24安打(本塁打4)41三振16四死球
★5月6日・先発3-1マリナーズ(シアトル)
7回(116球)1失点6安打(本塁打1)5三振4四球
※3勝2敗、防御率2・76
★5月11日・先発4-3パドレス(テキサス)
6回(96球)3失点7安打(本塁打2)6三振無四球
※3勝2敗
★5月17日・先発5-1フィリーズ(テキサス)
7回(95球)1失点4安打9三振2四球
※4勝2敗、防御率2・79
★5月22日・先発5-2タイガース6(デトロイト)
5回(105球)2失点5安打(本塁打1)7三振4四球
※5勝2敗、防御率2・83
★5月28日・先発×1-3ブルージェイズ(テキサス)
6回(112球)3失点5安打(本塁打1)4三振5四球
※5勝3敗
5月5試合2勝1敗
31回10失点27安打(本塁打5)31三振15四死球
★6月3日・先発×1-7アストロズ(テキサス)
5回(104球)3失点7安打(本塁打1)8三振2四球
※5勝4敗、防御率3・13
★6月8日・先発-4メッツ(テキサス)
7回1/(117球)3失点3安打(本塁打2)9三振2四球
900三振※5勝4敗、防御率3・18
★6月13日・先発6-1アストロズ(ヒューストン)
7回(103球)1失点1安打4三振3四球
※6勝4敗、防御率3・03
★6月19日・先発×3-7マリナーズ(テキサス)
5回(99球)5失点8安打(本塁打1)6三振2四球
※6勝5敗、防御率3・35

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清宮2発!103号 | TOP | 4・1ミリの恐怖 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL