こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

災害急襲!どうなってる九州

2017-07-13 | ウェブログ

近年の地震、豪雨は九州地方に集中している。
先の台風3号の影響で、ゲリラ集中豪雨が襲った。
福岡(朝倉)、大分(日田)。
例年7月に降る雨の1・5倍の量がわずか半日で降った。
線状降水帯
耳慣れぬ言葉を初めて耳にした。

バケツをひっくり返したような雨。
そんな表現が、はまるほどの豪雨。
河は氾濫、田畑はもちろん、家や鉄橋は破壊された。
死者は20人以上。


震度5強は、6月からの3週間で3つ。
そのうち2つは九州。
鹿児島では97年以来20年ぶりの揺れだった。

6月20日 大分(豊後水道)M5・0
6月25日 長野県南部M5・6
7月11日 鹿児島湾M5・3

震度5強は震度6や7の東日本大震災や阪神大震災、熊本地震の強烈さがあるから、過少に思うが、でかい地震だ。



95年に阪神大震災が発生した頃は45歳。
それまでの人生で地震が怖い、なんて思いもしなかった。
天災は忘れた頃にやってくる
寺田寅彦はそういった。

今では天災は忘れないうちにやってくる

寺田が生きていれば、どういうだろう?
大きな地震に慣れてしまっては怖い。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税 ゼー ぜい デブっちょ税? | TOP | 豪腕シャーザーVS超新星ジ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL