こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

47戦目の衝撃!ロマゴン初黒星

2017-03-21 | ウェブログ

怪物ロマゴンが初黒星。
4階級制覇王者で無傷46連勝のローマン・ゴンサレスがついに敗れた。

米ボクシング専門誌が全階級1位に推した絶対チャンピオン。
ファンが今年の夢マッチを待望していた。

日本の怪物・井上尚弥が標的とした男だった。
盛者必衰の理あり。
これはどこの世界にもある。

特にボクシングの世界は残酷だ。

19日のTV中継を解説していた井上はショックを隠さなかった。

「まさかきょう負けるとは思わなかった。言葉が見つからない。(大橋秀行)会長から年末にもあるかもしれないと聞いていたのでショック」

井岡一翔とも対戦寸前までいったが直前でご破算。
ロマゴンの夢マッチは遠のいた。
と、いうより全勝対決は幻に終わってしまった。

ローマン・ゴンサレス
1987年6月17日 、ニカラグア・マナグア出身。WBAミニマム級、WBAライトフライ級、WBCフライ級、WBCスーパーフライ級4階級王者。師匠は辰吉もあこがれたアレクシス・アルゲリヨ。日本人とは松本博行、新井田豊、高山勝成、八重樫東に4戦全勝。46連勝(38KO)1敗。160 センチ。右ボクサーファイター。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 侍ジャパン強化試合2勝5敗 | TOP | WBC決勝戦の相手はプエル... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL