こちら噂の情報局

メディアの片隅に生息する新聞記者OBが、独断偏見勝手気ままに綴ります※文中はすべて敬称略。

襟裳岬32M暴風 大荒れ北海道はプーチンの仕業か?

2016-12-24 | ウェブログ

今年の北海道は災難続きだ。
プーチン大統領が仕掛けているわけでもなかろうが。
北方領土問題は、進展せず。
大きな経済援助をしたたかロシアは裏でせしめたようだ。

なんのことはない元KGBプーチンに子ども扱いされた安倍首相。
後年「ああ、あの時、やっぱり、あんな約束していたんだ」
沖縄返還でノーベル平和賞をもらって得意げだった佐藤栄作首相。
後年、莫大な肩代わりを米国側にしていたことが発覚している。
血筋は争えない。



札幌市内は50年ぶりの大雪。
12月としては66年以来の積雪90センチ超えとか。

襟裳岬から漁師・佐々木和秋から23日夜、悲痛なレポート。
「今年は北海道にとって最悪です」
「シャケ漁は最悪」
「昆布漁も思わしくなかったです」
「今も低気圧で大荒れ」
「朝から停電して復活していない」



NHKの全国ニュースでも報じていた。

停電で暖がとれない。
寒さに震えて、お年寄りが避難所に身を寄せていた。

普段でも風の強い襟裳岬だが、この日は特別だったようだ。
まるで台風。
吹き付ける風は30メートルを超えた。
岬の突端だけに、さえぎるものはない。
さぞや恐ろしかっただろう。



夏には珍しく3つも台風が北海道に上陸した。

最盛期の昆布、シャケ漁は痛手だったろう。

シャケ、無理して送ってくれたんだな。


とにかくふざけたクリスマスプレゼント。
何とか来年はいい年になることを願う。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糸魚川大火 Xマス正月直前の... | TOP | 132年ぶり!ベビーが10... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL