17日午前2時25分ごろ、静岡県南伊豆町の石廊崎の南東約20キロ沖合で、フィリピン船籍のコンテナ船「ACXクリスタル」(2万9060トン、長さ222.6メートル)から「米国の艦船と衝突した」と第3管区海上保安本部(横浜市)に通報があった。艦船は米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」(8315トン、154メートル)で乗組員7人が行方不明となり、3人が負傷した。コンテナ船の乗組員は無事という。

 米海軍は日本の海上保安庁に救助を要請。3管は巡視船4隻と巡視艇1隻、ヘリコプター2機などで捜索した。3管は業務上過失往来危険の疑いも視野に衝突の原因を調べる。

 米海軍によると、フィッツジェラルドは右舷を損傷し、一部が浸水した。在日米海軍司令部の広報担当者は「自力航行しているが、全力では航行できないのでタグボートが支援している」と説明。乗組員7人の安否は「確認中」とした。男性艦長が負傷し、ヘリで横須賀海軍病院に搬送されたほか、乗組員2人が裂傷を負い搬送された。

 3管などによると、コンテナ船は日本郵船がチャーター。乗組員はフィリピン人20人で、16日午後4時45分に名古屋港を出港し、東京港に向かっていた。船首左側が損傷したが航行に影響はなく、東京・大井ふ頭に17日夕に接岸する予定で、海保が乗組員から事情を聴く。