ヨシ坊の山歩記

東海地区(愛知、三重、岐阜)の四季折々山歩きの記録

2017年6月15日(木) 国見岳(三重県四日市市菰野町 1170m)

2017年06月16日 | Weblog

久し振りに鈴鹿の山に登る。梅雨に入ったというのに雨は一向に降らず真夏日の連続である。農家の方は頭の痛い問題であるが今日だけは快晴になって嬉しい。早く雨が降って欲しいものだ。近鉄湯の山温泉駅から三交湯の山温泉までバスに乗る。280円に上がっていた。バスの中で隣に座った御婦人からバス停から御在所岳中道登山道の入り口は遠いか聞かれた。うまく説明できないので途中わかるとこまで案内する。道々話したら新潟から大阪の親戚へ遊びにきているとのこと。遠路はるばるご苦労様です。ヨシ坊はロープウェイで上がる予定だけど中道登山道登山口まで案内する。ロープウェイ乗り場まで引き返す。40分時間がかかったが人に親切にすることはいいことだ。10:20ロープウェイで一気に山上駅へ。10:40富士見台展望台からスタート。今日は御在所岳に登らずに国見岳を目指す。薄いピンクのタニウツギの花が美しい。11:10国見峠で小休止。11:30登り切ったガレで昼飯にする。目の前に雄大な藤内壁が広がる絶景ポイントでコンビニで買ったいなりずしがことのほかうまい。峰わたる涼風と小鳥の合唱が最高。12:00出発。12:10国見岳に到着。山頂の大岩に上がると視界は360度。気持ち良い限りだ。5月の一面のアカヤシオも素晴らしいけど新緑の景色も素晴らしい。12:20下山開始。天狗岩、ゆるぎ岩を通る国見尾根を下る。久し振りにきたらだいぶ道が荒れて難儀した。14:00藤内小屋に着いて休憩。河原でコーヒータイム。冷たい水で顔を洗い生き返る。15:00バス停。近鉄湯の山温泉行が出た後で50分ほど待ちなので歩く。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月9日(金) 三之宮富... | トップ | 2017年7月2日(日) 鳩吹山(岐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL