空っぽの部屋(虚静恬淡に生きる)

荘周菩薩品(抄)、老子、中庸、大学の仏教的解釈を掲載しています。荘周菩薩品、続、補は電子書籍(シナノブック)に。

鳥と共に生きよ、風の念と共に導かれよ。

2017年06月17日 | 来世に向けて
  空甫氏が、神事で日本中の聖地霊地を巡らせて戴いた時に、神様が何度か降ろしてくださったメッセージです。

  鳥と共に生きよ、風の念と共に導かれよ。

空甫氏は、お参りにいったところで鳥に導かれるのが、無上の喜びでした。それでも、肉体から魂が抜けた直後に、言っていました。   

  こんなにカラスの波動が高いとは知らなかった、もっとカラスに従いたかったと。
とても波動の高い鳥がお烏さんなのだそうです。 

  
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空甫氏、50代の終わりの頃に... | トップ | 空甫氏とオナガ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む