空っぽの部屋(虚静恬淡に生きる)

荘周菩薩品(抄)、老子、中庸、大学の仏教的解釈を掲載しています。荘周菩薩品、続、補は電子書籍(シナノブック)に。

空甫氏、50代の終わりの頃に教えて戴いたこと

2017年06月16日 | 来世に向けて
空甫氏が在りし日に、神様が降ろしてくださったメッセージになります。

天皇家の方々は、過去世で天皇家に縁のある方が多いそうです。また、陵墓などとして、聖地が守られることは、大切なことだと教えられました。

(余談になりますが、神様をお祀りする為に、巨木が伐採されることを望んでいません。聖地霊地が、巨木が、敬われ守られることを望んでいらっしゃいます。)

浩宮徳仁皇太子殿下は、ごこうのとりじゃよと、後鳥羽天皇の生れ変わりであることを教えてくださいました。

黒田清子様は、後冷泉天皇の生れ変わりであること、そして

敬宮愛子内親王は、後桜町天皇の生れ変わりであることを教えてくださいました。




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空甫氏、旅立ち。 | トップ | 鳥と共に生きよ、風の念と共... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む