団塊オヤジの山歩きブログ 

山歩き写真をメインに掲載します

学生相撲選手権

2016-11-08 05:40:30 | スポーツ・芸術編

  巨漢対決で盛り上がった

 正面の桝席は満席で西の桝席に陣取った。13年前の本場所では正面の桝席だったが尻が見える所でイマイチだ。千円のプログラムを広げての観戦だ。後ろに関学の学生達と埼玉栄高校の相撲部が陣取っていた。

 Aクラスが12大学、Bクラスが12大学、Cクラスは15大学で国立では東大と名古屋大がBクラスだが100kを超える選手は2人で体格では見劣り初段も各4人かいなかった。Cクラスでは団体戦ぎりぎりの部員の大学が多かった。

  Aクラスでは3段の部員で150kを超える関取のような体格の選手ばかりだ。出身高校では鳥取城北と埼玉栄が多く、一時の明徳義塾は意外と少なかった。伝統的に農林系の高校が多いのだが23年前の選手名簿から較べ少なくなった。土曜日は個人戦で16:00からNHKの中継が入った。

 ベスト16からは見応えがあり場内から大きな声援が飛んだ。母校の主将は学生横綱になった日大のモンゴル留学生に準々決勝で敗退した。この中から何人かが角界入りするのだろう。初めて組は感動していた。2日目の団体戦では選手層の厚い日大が決勝トーナメント1回戦で敗退、東洋大が優勝した。

ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両国国技館へ | トップ | 熱海に集結 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL