W A K I の気ままなトンボの目

自分流の勝手な生き方ですが、何か気付いたことを書いてみます。
コメントはタイトルをクリックしてどうぞ。

願いが叶う 「受験生絵馬に託して神頼み」

2017年02月12日 | TOWN

 都会にも雪が舞うこの季節、全国の受験生にとってはもっとも過酷な試練の年だ、そして周りの人たちとりわけ家族は本人以上に気をつかって一喜一憂の時を過ごす。ここは大阪地下鉄、なんば駅のコンコースにあるお馴染みの熱帯魚の水槽、今年も合格の願いを込めた演出が行われている。

 https://www.youtube.com/watch?v=5pase4dq5So  今朝のシエアは合格祈願の魚たち

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまには外食も 「くら寿司... | トップ | それでも大阪は恵まれている... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
家族もつらい入試シーズン (Mont)
2017-02-12 11:03:19
こんな寒い時期に入試を行うのは受験生にとってはつらいことです。やはり多くの外国のように9月に入試を済ませ10月に新学期とすれば、雪国の生徒は大変助かるし、外国から日本へ留学し易くなると思います。

Youtubeのシェアー: 難波にこのような水槽があるなんて知りませんでした。この中の魚は人工的に作り出しているのもあるのでしょうか。合格祈願の絵馬には魚が穴を通り抜ければ入試に合格と書いてありますが、画面を見ていても魚はなかなか通り抜けませんね。
思い出す受験シーズン! (kusa)
2017-02-12 13:16:15
 寒い2月の中旬、思い出しますね~受験シーズン。
WAKIさんが書かれています様に、自分の受験を経験した時よりも息子、娘の受験に対しましては本人以上に親である小生夫婦が食事も喉を通らない位に心配してやきもきしたものです。それだけに、この水槽の仕掛けには納得出来る雰囲気に満ちあふれて居ますね。
 よく、世相を反映した仕掛けと感心しています。

今朝はマイナス0,1度cの早朝から、町内廃品回収でかけずり回り一と汗をかいて完了しましたが、寒い日で有ったためか廃品の古新聞、段ボール、アルミ缶などの出がまばらで回収に時間が掛かりました。
気温の低い時はどうしても動きが鈍くなってしまいますね。

    
魚は気まぐれ (WAKI)
2017-02-12 16:14:13
Montさん
Montさんは長年進学校の教師をされていてこの時期は大変だったことでしょう。言われるように時期をずらせばいいと思いますね。
水槽の場所は改札階の通路に遭って通路側からも見れます。手入れが行き届いて魚が生き生きしています。


kusaさん
受験の本人より周りの方が気をやきもきさせて落ち着きませんね、私は受験勉強をした記憶がありません。

極寒の時期くれぐれも身体に気を付けて無理をしないでください。

コメントを投稿

TOWN」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL