水島保男外伝版ブログ

UFOと宇宙の探求、そしてジョージ・アダムスキーとバシル・バン・デン・バーグの偉大な功績を辿って・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セドリック・アリンガムとパトリック・ムーア

2015-09-01 19:17:15 | 日記


全く同一の愛用望遠鏡と写した二枚の写真。

もうお分かりと思うが、セドリック・アリンガムとパトリック・ムーア氏は同一人物なのである。
セドリックという名前は貴族を象徴する名前であり、アリンガムはイギリスを代表する推理小説作家の名前である。

まるで「この謎を解いてみろ!」と言わんばかりの写真と共に「あなた自身で答えをみつけよ!」と彼の哲学を貫いた。


この記事をはてなブックマークに追加

火星人に会った天文学者 3

2015-08-31 19:42:54 | 日記

国際月面学会の会頭である故パトリック・ムーア氏については、前記の通り、偉大な天文学者としての国際的評価を浴びるも、ムーア氏自身は「アマチュア天文家」であると主張し続けた。
英国王立天文学会に対するムーア氏の功績は、天文学者たちの「机上の空論」の権威獲得競争とは無縁の地道な観測による実体験に基ずき導き出された「現実」を解析したものである。

この「現実」を解析する・・・という天文家にとって最も貴重な学問の心得を実践し続けた稀に見る「頑固者」こそ故パトリック・ムーア氏であり、「自分自身で考え答えを知る」という哲学に満ち溢れた人物でもあった。
彼は晩年、自分の私財の殆ど全てを「自分の力で考え、答えを導き出すことのできる子供たち」の育成に役立てることに専念した。
パトリック・ムーア杯という子供たちの為のチェスの大会を組織し、社会貢献に打ち込んだ人物でもあった。

この記事をはてなブックマークに追加

火星人に会った天文学者 2

2015-07-08 19:51:44 | 日記

セドリック・アリンガム

1954年2月、スコットランドを旅行中の天文家セドリック・アリンガムは、一機のUFOと遭遇、そのUFOの撮影に成功する。

ここまでならよくある目撃談だが、アリンガムの場合、なんとそのUFOが目の前に着陸するというとんでもない出来事に遭遇するのである。

アリンガムは着陸したUFOより現れた人物と、30分ほど身振り手振りでの会話を行う。


その会見で分かったことは、UFOから降り立った訪問者は、私たち地球人と何ら変わることのない人間であったこと。そして火星から彼はやってきたという事実。
そして重要なのは、火星からの訪問者は、地球でまた戦争が起こるのかということを心配していた様子が窺えることであった。
1954年、原水爆実験を所構わず行いだしていた地球を憂いての訪問であったということだ。

この地球の大問題は後に深く触れていこうと思っている。

さて、このセドリック・アリンガムなる人物は一体何者なのであろうか!

この記事をはてなブックマークに追加

火星人に会った天文学者 1

2015-05-08 16:47:00 | 日記

英国王立天文学会、国際月面学会のボスであった故パトリック・ムーア氏

故パトリック・ムーア氏は、世界で最も謎に満ちた人生を送ることになった偉大な天文家である。
詳細な月面図をウィルキンス博士と共に、目視観測による月面スケッチを元に完成させたことでも有名である。
Sky at Nightという英国BBC放送による天文番組のMCとして50年に及ぶ活動を続け、観測の伴わない理論天文学者とは一線を引く偉大な天文家である。

英国王立天文学会の会長を務め、特に月理学における真のエキスパートとして世界中の天文家の信頼を得ていた。日本においては、月理学での第一人者京都大学名誉教授の故宮本正太郎教授と親交があり、世界の天文学の発展に功績を残し続けた人物である。

故パトリック・ムーア氏の著書に「月 形態と観察」という月面観測のバイブルともいえる専門書がある。
この月の専門書の翻訳を故宮本正太郎先生が翻訳し、日本の天文家にも多くの影響を与えた。
そう言う私も、故ムーア氏と故宮本正太郎先生の月面観測にかける情熱と功績に強く影響をうけた一人でもある。

私が以前、旧書名「新第三の選択」を出版後まもなく、ある出版社の雑誌対談企画で故宮本先生と対談する企画が持ち上がった。
故宮本先生から出版社に次のような返答が返ってきた。
「月面観測におけるUFO現象等の対談企画ということですが、天文学者の私には勝ち目がありません。恐縮ですがご遠慮いたします」
ということで、この企画は実現しなかったが、その意味するところは大きかった。
日本を代表する月理学の第一人者と評価される天文学者の立場をご理解ください、ということである。
また、この返答の奥には、故ムーア氏と親交を持ち彼の専門書を翻訳することで知った「月や惑星の秘密」を良く知っていたのかもしれない。それと故ムーア氏の天文学者としてのUFOに関する立ち振る舞いを見習ったのかもしれない。


本を読む故パトリック・ムーア氏 その題名に全ての謎の本質が隠されている


この記事をはてなブックマークに追加

バーグメモの秘密3

2015-01-24 13:35:14 | 日記


バーグ氏は、葉巻型母船の構造図を金星文字の解読により描いているが、これでアダムスキー氏が撮影した母船とスカウトシップの両方に、あのモーターがどのように使用されているのかが分かる。

この母船の構造設計はどこから導き出したのであろうか?

ここにもう一つのバーグメモがある。


二つの長さの違う馬蹄形磁石を、金星文字中央の図形に書き加えたものである。
この図形を回転によって並べた解読方法を私は行ったのであるが、バーグ氏のモーターの写真にみられる馬蹄形構造は、この図のどちらかの馬蹄形が並んだものと思われる。

気の早い人はこう思うだろう!
「そうだ!この形に馬蹄形磁石を並べれば、永久磁石の磁力で回転する永久モーターができるに違いない!」
そう思った方々は早速やってみるとよい。
頭の中で理屈だけをこねまわしていてはわからない。やってみることだ!
よし、やってみよう・・・と思われた方への私なりのアドバイスをしておこう。

「あなたはまんまと情報操作に引っかかってますよ!」
「このような思考方法に、つまり永久磁石だけによる永久機関、これこそ人類の夢のエネルギー源だ!なんて思っていると、それこそ永久に出来ないでしょう」

この記事をはてなブックマークに追加