つれづれ写真ノート

カメラと写真にまつわる色々なこと---

大阪・東大美(ひがしだいみ)の会席

2017年06月19日 | グルメ

親戚の仏事があり、お昼に会席料理を頂きました。

 

正月の集まりにもよく利用している、大阪・都島区の懐石・割烹料理店「東大美(ひがしだいみ)」で。(食べログ参照)

もともと雑炊が名物ですが、お昼の気軽な定食もあり、慶事、法事の会席、宴会の鍋料理など、いろいろな料理を出すお店。これまで、テレビのグルメ番組で紹介されたことがあります。

 

いつも持っているカメラ、ソニーRX100 を忘れて行ったので、ヨメさんが持っていたリコーCX1 で撮りました。8年前(!)の929万画素コンパクトカメラ。

前菜にタチウオの寿司(右手前)が出ました。

 

造り3種は、フエフキ鯛、マグロ、イカ。

 

イカと小さめのアワビ(?)、カレイ。どれも食べやすく調理されていました。

 

エビとナス、オクラの煮物。

 

帆立貝の焼き物。磯の風味たっぷりの出汁で美味しい。

 

これが珍しい一品。「小鯛の唐(から)蒸し」。

石川県で古くから婚礼のさいに供される「鯛の唐蒸し」は、大鯛を背開きにし卯の花(おから)を詰めて蒸し上げた郷土料理。

それを、小鯛でアレンジしたものです。

 

鯛の身でくるりと巻いた中身が、郷土料理そのままの「おから」なのか、それとも細かくした鯛の身が入っていたのか、肝心なところが分からずじまい…

ともかく、柔らかくしっくりした味わいで、絶品でした。

 

やっぱり夏ですね! ハモ料理も出ました。

 

名物の雑炊でシメ。モズクとカニの身が入っていました。

モズクは良く売られている沖縄産の太いものではなく、山陰の細モズクのようです。

この方がしゃきしゃきとした歯触りがあり、磯の感じがして好きです。

 

ビワ、メロン、イチゴのデザートで終わり。

お腹がいっぱいに。

 

ぜいたくな食事、ありがとうございました。

 

以前、「寒い日は鍋物」(2017年1月15日 記事)、「2016年正月点描」(2016年1月8日 記事)でもこの店の料理を紹介しました。

都島という、大阪ではどこにでもありそうな町にひっそりと、それでも20年余り続いている名店。おすすめです。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンテスト応募 | トップ | キヤノン EOS 6D II ほぼ判明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。