つれづれ写真ノート

カメラと写真にまつわる色々なこと---

まんパク in 万博 2016

2016年10月18日 | グルメ

フードフェスティバル「まんパクin万博」が、今年も万博記念公園・東の広場で開催(10月8日~11日、14日~17日)。15日に見てきました。

 

マスコットキャラクター “ぽぅ君” の巨大バルーン。

 

広場を囲むように、海鮮、肉料理、ラーメン、餃子、スイ―ツ、ご当地名産など80 を越す店舗が並んでいます。

会場中央のステージでは、音楽ライブや大道芸のパフォーマンスも。

 

行ったのは午後遅く。それでも、人気店には長い行列が。

 

人気の宇都宮餃子。

左の店は人影がありません。実はすでに全商品が売り切れてしまったという、近江牛餃子の「包王」。

 

毎回、来場者の投票で決めるグルメランキングがあります。首位の常連がこの「札幌九兵衛」。

「いくら丼」(1800円)は売り切れで、「とろサーモンといくらの親子丼」(1500円)を注文。

 

「とろサーモンといくらの親子丼」。

プチプチと新鮮ないくらに満足…

 

次は、昨年も試した「熟成肉専門 但馬屋」へ。

 

牛を丸ごと1 頭、1か月半じっくり熟成させた「熟成肉のステーキ」(2000円)。

 

わさびを添え、生ビール(500円)と一緒に頂きました。

おいしいです。絶品!

しかし、この値段… 贅沢しすぎましたね。

 

出口近くに北海道や東北、徳島の物産を売る店が並んでいたので、徳島・日和佐燻製工房の「ゴマサバのスモーク」を買って帰りました。

ゴマサバのスモーク。

そのままで酒の肴に。

細かくしてチャーハンの具にしてもおいしいそうです。

 

帰り道、秋の夕暮れがきれいでした。

大阪モノレール、万博記念公園駅で。

 

                 ◇

 

昨年は、約15万1700人を動員したという、秋の一大フードフェス「まんパクin万博」。時間があればもう少し色々な店を回って楽しみたいところでした。

 

ただ、ご存じでしょうが、昨年は期間中に食中毒騒ぎが…

なので、今年は開催見送りかも、と思っていました。

しかし、衛生管理を徹底した上で、頑張って敢行。

子どもから大人まで楽しめるイベントなので、良かったと思います。

 

なお、万博記念公園ではコスモスフェスタも開催中(11月3日まで)。

ちょうど花盛りでした。

コスモスの写真は、次回に掲載します。

 

------------------------------------------------------------------------

撮影カメラ

   ソニーRX100

      Canon EOS 6D  (夕暮れ風景のみ)

    EF16-35mm F4L IS USM

-------------------------------------------------------------------------

関連記事

  ・『80店以上が集結!巨大フードフェスが万博公園で開催』(Walkerプラス)

  ・まんパク in 万博 2015(2015年10月12日記事)

  ・「まんパク」食中毒断定(2015年10月24日記事)

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェラーリ大集合 | トップ | 万博公園のコスモス(2016年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。