素浪人スーダラLOG

給与生活35年を卒業。
「だからこそ」ワードを懐に、
セカンドキャリアに向け発進準備中。

ニュースに思う。人口動態統計。また?今日の発表は厚労省から!

2017年07月07日 23時54分51秒 | ニュースに思う
人口に係る調査報告が今日(7月7日)も、発表されました。
先日(7月5日)、総務省から人口動態調査が発表されましたが、
今日は、厚生労働省から「人口動態統計月報’(概報)/1月分」です。
 
何故、各省から同様な調査が?と、疑念をもちつつ、サイトを見始めました、
以下のとおり記載されてます。 
 
◆人口動態調査/調査の目的
 我が国の人口動態事象を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的とする。
 ◇本年1月分報告
 ・出生数は、前年同月に比べ2,711人(3.5%)減少
 ・死亡数は、前年同月に比べ9,328人(7.6%)増加
 
本調査の結果は、昨日の投稿記事を裏づけるデータだ。と納得です。
 
ちなみに、本調査では、日本における日本人を対象に、出生票、死亡票、死産表、婚姻票、離婚票、5種の全数を対象としてます。
 
今回、厚生労働省の統計サイトを右往左往していると、
全体表、統計調査・業務統計に係る体系図がUPされていることを発見。
統計調査数をカウントしようと思い立ち、体系図をダウンロード。
 
ファイルを開いた途端に、ギブアップです。
統計調査・報告モノがなんと多いことか?
統計調査業務の半端でない多さに茫然とします。
 
厚生労働行政は、
国内の状況、動向を知り、それを踏まえ予算化し、事業を行う。
のだ。だから、相応のデータが必要なのだ。
という事は推察します。
 
が、この厚生労働行政の為の統計調査業務に、
如何ほどのコンピュータ資産が使われ、
如何ほどの要員が手当されているのだろうか。
と、思いを馳せます。
きっと、他省庁、各地方自治体も同様なのだろう。とも。
 
更に、厚労省では、国立社会保障・人口問題研究所を所掌し、
その研究所では、人口や世帯の動向を捉え、内外の社会保障政策や制度について研究している。ようです。
 
人口減少、少子高齢化が進む中で、
将来にとって、真に有益な統計調査、研究をお願いしたい。ものです。
ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュースに思う。人口減少が... | トップ | ニュースに思う。驚愕! 50... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (テクテク)
2017-07-08 00:42:56
初めまして。

面白かったです(*^。^*)
真面目さが(*^。^*)

私には無い・・正反対の様な(*^。^*)
宜しく~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL