素浪人スーダラLOG

給与生活35年を卒業。
「だからこそ」ワードを懐に、
セカンドキャリアに向け発進準備中。

ニュースに思う。フェイク(偽)ニュースは止まらない。

2017年07月11日 23時20分43秒 | ニュースに思う
フェイク(偽)ニュ―スは止まらない。

過日、俳優の西田敏行さんに係るフェイク(偽)ニュースがネットを駆け巡った。
「西田敏行さんが違法薬物を使って、日常的に暴力をふるっている」?????

このニュースを捏造・ネット掲載した男女3人が 、業務妨害の疑いで、先日7月5日に書類送検された。
刺激的なフェイク(偽)ニュースをネットに掲載することで、アクセス数を伸ばし、広告収入を得ることが目的だった。と伝えられている。

フェイク(偽)ニュースは、日々、誰かに、どこかで、捏造され、
ネット中を飛び散っている。に違いない。
真偽不明のニュースが、真偽ごった煮で、ネットを駆け回っている。
実世界が混沌としている中で、仮想の世界で飛びさかうフェイクニュースが、実世界の混沌さを増大させる。

防止、抑止の担い手として、ニュースのファクト(事実)チェック団体も設立されたようだ。
 
3者それぞれに対する検討課題は多いだろう。
・送り手
・ネット事業者
・受け手
送り手の厳罰化、啓蒙化。広告収入元であるネット運営に係る制度見直し。IT技術による偽ニュースの選別。などなど、、、

4月1日は、エープリルフール。
この日の「大ぼら、嘘」は、世間で認められ、誰がどんな大ボラを吹くのか楽しみでもあった。
そんな、おおらかな時代があった。

ニュースの受け手は、
真偽不明瞭なニュースを受けた時、
へー。と軽く受け流したい。
おおらかに笑い飛ばしたい。
しかし汲々と余裕がない日常では、それもなかなか叶わない。

もちろん、標的にされた本人は、笑っていられる場合ではない。
 
広告収入など小遣い稼ぎ・営利を目的とした「虚偽ニュース」は
発信させてはならない。
拡散させてはならない。
 
汲々として救急が必要な今の世。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュースに思う。auスマホ新... | トップ | ニュースに思う。フェイク?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL