山崎幹夫の各種センサー

私のなかで常時稼働しているさまざまなセンサーがピクンとしたもの

デビル雅美、来年引退

2007年11月23日 09時21分51秒 | プロレス
ま、プロレスラーに引退はない。こちらの感覚としてはリタイアって感じで。
29日にneoneo坐でおこなうneo Gallege Barの今回のテーマは「女子プロレス」。
そういえば先日他界したファビュラス・ムーラは、いったい何歳だったんだろう。80歳ぐらいか? それでも彼女は最後まで「現役レスラー」を貫いたのだろう。メイ・ヤングの訃報を聞かないから、彼女こそが世界の女子プロレスラーのなかで現役最年長になるのだと思う。もしかして、もう90歳ぐらいか。こうなると対戦相手がいないですな。
メイ・ヤングに敬意を表して、29日は彼女の勇姿から始めよう。お、解説でも「80歳」と言ってるぞ。しかし一発殴られたらノビてしまった。トホホ。乱入してきたファビラス・ムーラの方が元気じゃないか。ま、追悼ってことでいいか。
先月おこなわれた「デビル雅美30周年記念興行」で、自分のベストマッチは何かと問われ「武道館での長与戦」と答えていた。
私もじつは、そう思う。そして、ひょっとすると日本の女子プロレス史上、最高の試合だったかもしれないと思う。
よし、これも29日、前半のメインとしてお見せすることにしよう。
この試合、さほど華麗な技の攻防があるわけでもなく、ギリギリの消耗戦が繰り広げられるわけでもない。なのになぜベストかと言えば、お互いの存在感のぶつけ合いが巨大なのだ。1986年です。日本武道館です。セミファイナルです(メインはジャガー横田vsライオネス飛鳥)。
添付画像はデビル雅美の本『ただいま場外乱闘中!』の表紙。
これから岡山に行きますので次の更新は25日になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地図そのもののような亀裂 | トップ | 福間さんからの18年遅れのはがき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。