山崎幹夫の各種センサー

私のなかで常時稼働しているさまざまなセンサーがピクンとしたもの

浅川マキを観るvol.3@国分寺giee

2017年04月07日 08時52分29秒 | イベント告知
国分寺のライブハウスgiee(ギー)での浅川マキライブビデオ上映イベント第三弾です。
2017年5月11日、午後8時からやります。
1000円+ドリンク。
場所はホームページを参照ください。
今回は1988年2月に行われた「一ヶ月長期公演」の前半からセレクションします。
この時、なんと2月1日から29日まで、途中1日だけ休みを挟んだだけで28回の公演をしたんですよ。眼の治療のせいであまり声が出なかった時期ではありますが、まだそれだけの公演をこなすだけの体力があったんですねぇ。
私はこの29日間のうちで、1日、6日、7日、17日、20日、25日、27日、29日となんと8日間ビデオ記録していました。なので2回に分けることにします。「前半」は1日、6日、7日、17日からセレクションします。
この4日間の演奏者は、
1日=本多俊之、渋谷毅
6日=日野皓正
7日=泉谷しげる
17日=坂田明、渋谷毅、セシル・モロー他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・カメラ上映会2017年3月

2017年03月21日 09時07分27秒 | イベント告知

山田勇男さんは一昨年からドイツに住んでいます。これまで一年に2回開催していたラ・カメラの山田&山崎主宰上映は、今後は山田さんが一時帰国するタイミングに合わせて開催することになりました。かつて山本安徳さんがニューヨークから一時帰国するたびに『PULSE』の続きを上映したような感じになります。ということで、1年2ヶ月ぶりのラ・カメラ上映です。告知ハガキの文章はこんな感じ。
1年ぶりに上映会「ラ・カメラ・シネマ・フォー・アイズ」を開催します。いま、個人レベルで映画/映像作品をつくり、それを上映会というスタイルで他者に観せていくという行為は絶滅の危機に瀕しているかのように見えます。しかし困難な状況の中でまだまだ「もがき続けている」作家がいます。ドイツに住み始めた山田勇男は、一時帰国して二つの新作短編8ミリ作品『幻視の一瞬』と『シリウス頌』を見せてくれます。札幌で「まるバ会館」という自主映画専門上映スペースを運営していた吉雄孝紀は13年ぶりに短編映画『視る姉』をつくりました。また、おそらく現役の自主製作映画上映グループとして最古の存在となった浜松のシネマヴァリエテを主宰する袴田浩之の新作『目覚まし時計』も、いま、ここでこそ紹介したい作品です。ゴスロリ、耽美な作風で知られる寺嶋真里は初めての日記映画(セルフドキュメンタリー)に挑戦。その捨て身の表現に初公開の会場は爆笑の渦に包まれました。そして私、山崎幹夫も時間をかけてロケハンを重ね『ディープスイーツ・シニア』を完成することができました。亡くなって7年になる浅川マキさんの残してくれたライブ記録映像とともに今回披露します。どれも口当たりはいいけど記憶に残らないような商業映画とは別の世界で、時間をかけて醸し出された作品です。心の糧もしくは毒になるかも。(山崎幹夫)
プログラムと上映スケジュールは以下の通りです。
Aプロ
山田勇男『かげろふ』2004年、12分
山田勇男『幻視の一瞬』2016年、3分
袴田浩之『目覚まし時計』2016年、12分
寺嶋真里『宙ブラ女モヤモヤ日記〜ダンナに言えない秘密〜』2016年、60分
Bプロ
山田勇男『シリウス頌』2017年、5分
山崎幹夫『うずまきの彼方へ』2006年、16分
吉雄孝紀『視る姉』2016年、25分
山崎幹夫『ディープスイーツ・シニア』2017年、45分
Cプロ
『山崎幹夫撮影による浅川マキ文芸坐ル・ピリエ大晦日ライブセレクション』90分
3月16日(木)19時半〜A
3月17日(金)19時半〜B
3月18日(土)17時半〜B,19時半〜A
3月19日(日)15時半〜B,17時半〜A,19時半〜C
3月20日(祝)15時半〜C,17時半〜A,19時半〜B
ラ・カメラの所在地は世田谷区代沢4-44-12。下北沢駅から徒歩12分。もしくは渋谷から小田急バスで「梅ヶ丘・経堂」行きに乗って「代沢小学校」で降りると近いです。告知ハガキ画像の地図も参照ください。料金は当日のみで1000円です。吉雄孝紀も札幌から来てくれます。袴田浩之も浜松から土日に来てくれるとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月と3月のイベント

2017年02月26日 11時12分24秒 | イベント告知
2月3日(金)に浅川マキさんのライブビデオ&私のトークイベント第二弾を、ライブハウスgiee@国分寺で行います。20時からで1000円+ドリンク。
2月25日(土)に『ディープスイーツ・シニア』の初公開上映を、木下恵介記念館@浜松市中区で行います。併映は『ディープスイーツ・ジュニア』『居酒屋張々の夜』『LetMeEndWithYou』。15時半からと18時からの2回上映。
上記ふたつのイベントについては、詳細決まればこの記事より下↓にアップします。
そのあと3月16日から20日の日程で『ディープスイーツ・シニア』の東京上映をします。いつものラ・カメラ@下北沢です。山田勇男新作、吉雄孝紀13年ぶりの新作『視る姉』、袴田浩之の数年ぶりの新作『目覚まし時計』、寺嶋真里の初のセルフドキュメンタリー『宙ブラ女モヤモヤ日記』なども上映の予定です。
このイベントは、詳細決まったらこの記事の上↑にアップします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ディープスイーツ・シニア』浜松で初公開上映

2017年02月25日 09時40分17秒 | イベント告知
2017年2月25日(土)に浜松の木下恵介記念館で初公開上映いたします。
15時半からと18時からの2回上映で、チラシ持参1200円、当日1500円、学生証提示で学生無料。
JR浜松駅から徒歩10分ほどの場所です。
4作品の上映になります。
『LetMeEndWithYou』13分
『居酒屋張々の夜』15分
『ディープスイーツ・ジュニア』17分
『ディープスイーツ・シニア』45分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅川マキさんのライブ記録映像とトーク第二弾

2017年02月03日 17時10分00秒 | イベント告知
国分寺のライブハウスgiee(ギー)での「浅川マキを観る」企画の第二回目を2017年2月3日にやります。
初回ではまるで「総集編」という趣きでいくつものライブからピックアップしてお見せしたのですが、今回はある時の一つのライブを、最初から最後までお見せしようと思いました。
そこで、初回でお見せした映像には採用しなかった年のライブから選ぼうと思って、1993年12月28日のル・ピリエでのライブをお見せすることにしました。ライブの途中で『浅川マキがいた頃-bootregg-』にも再録されている20分ほどの短編映画が上映されているのですが、そこはカットして、自分のトークを挟むことにします。
この年のバントのメンバーは、セシル・モンロー、渋谷毅、川端民生、林栄一です。
19時半開場、20時スタートで、ライブ部分だけで90分ありますのでトークを含めて2時間弱のイベントになるかと思います。
終わったあと、時間に余裕のある人は、残っていただければ雑談いたしましょう。
場所はgieeのホームページを参照ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅川マキさんに関するトークとビデオ映像

2016年11月15日 16時08分00秒 | イベント告知
3年ほど前にneoneo坐でやったことがありましたが、それと同じ素材をお見せして、ちょこっと思い出話などします。
場所は国分寺駅北口にあるライブハウスgiee(ギー)です。
11月29日(火)20時から。1000円+ドリンク。
アクセス(場所)についてはこちらのページを参照して下さい。
1987年から1994年の文芸坐ル・ピリエのライブ映像からいくつかピックアップして、90分ぐらいにまとめてあるビデオをお見せすることになります。
浅川マキさんの当時のバンドのメンツは渋谷毅さん、植松さん、セシル、川端さんでしたね。チョイスした映像にはゲストで日野皓正さん、南正人さん、原田芳雄さん、下山淳さん、向井滋春さんなんかも出てきます。
この当時のライブ映像は私がマキさんから依頼されて撮ったものです。貴重なものだと思うので、見たい人がいればイベントを組んで呼んでいただければノーギャラで行きます。交通費(深夜バス往復でもいいです)だけ出してもらえれば、と前にも書いた記憶があるけれど特に依頼はなかったので、あまり需要がないのかなぁと思っていました。でもきっと見たい人はいるはずだと思います。イベントの組みかたがわからなければ、ノウハウはお貸ししますので、何らかの方法で私に連絡いただければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年10月22日浜松でのトークショー

2016年10月20日 06時50分15秒 | イベント告知

2016年10月22日と23日、浜松の木下恵介記念館にて、シネマヴァリエテの主催で寺嶋真里映像個展が開催されます。
そこでのトークショーに、対談の相手として出席します。
トークショーは22日20時からなります。
寺嶋さんの新作「宙ブラ女モヤモヤ日記」にちょっとだけ被写体として出ているということで、あとは『エリスの涙』のコマ撮り部分のカメラマンをしたというだけなんですが、この、シネマヴァリエテ主催の上映企画の次の会で、下の記事の『ディープスイーツ・シニア』を始めとする自分の作品の上映をしてもらうことになりそうです。
もしかすると『ディープスイーツ・シニア』の初公開は、この浜松ということになるかも。時期はまだ予定の段階ですが、2月ぐらいを検討しているとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ディープスイーツ・シニア』予告編をアップ

2016年05月23日 22時40分04秒 | イベント告知

まだ音楽もできていない段階で、あまりにもせっかちなことではありますが、予告編をつくってみました。1分30秒です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作映画『ディープスイーツ・シニア』編集中

2016年05月22日 16時09分12秒 | イベント告知
編集と同時に音を整えたり、ナレーションを入れたりを進めています。
「これを正式スチールにしようかな」と思った一枚をスクリーンショットしてみました。
シナリオの中で唯一「夕景」と指定しておいたシーンで、じっさいに日没近い時間に撮影したのですが、残念、雲に覆われていて横からの夕日がありませんでした。
そこで夕景をつくりました。色温度を14000ケルビンにして、1絞り暗め固定で撮ったシーンです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作映画『ディープスイーツ・シニア』撮影終了

2016年05月20日 07時47分02秒 | イベント告知
すべてのシーンの撮影が終了しました。
ふだん撮影している光景の画像はないのですが、この日は音楽をつけてもらう吉本裕美子さんが参加していて、いくつか撮影中の画像を撮ってくれたので、そこからひとつ貼ります。
これから編集を開始するのですが、吉本さんが6月中はヨーロッパ何ヶ所かのライブに出るため、音楽の録音は7月になります。
上映についてはまだ何も決まっていません(ラ・カメラは山田さんの都合しだいなので)。
自分がこれまで上映してきた地方都市の自主上映組織は、ほぼ壊滅状態なのですが「上映会をしてもいいよ」という方がおられましたら連絡いただければ幸いです。
スクリーン、プロジェクターは車に積んでいきますので、電源と暗闇と静寂だけ確保できる空間があればどこでも上映は可能です。滞在と行き帰りの交通費だけ負担いただければいいです。作品上映料はいただかなくても結構です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加