あずき&きなこのにゃんこ暮らし!

我が家は今日もまったり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糖尿病の治療に重曹

2016-11-05 14:23:39 | 日記

◆糖尿病の治療において重曹が非常に有効である事を発見したのです。


引用させていただきました。
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

通常の人は1日に茶さじ2杯半の使用を3日程度摂ることをお勧めします。
また午前と午後にpHテストを行い重曹風呂の入浴をお勧めします。

◆その先生の話では殆どのガンは重曹で治るそうです。
http://biggun.seesaa.net/article/314257057.html
心斎橋の歯医者の先生が、これまでに何人も治されたそうです。
(以下、この歯科へ通っておられるガンの方が書かれた記事の要約です)
全く保険の効かない歯医者だけど、歯のことならブラック・ジャック並に
治してくれるので20年来の行き付けの歯医者さんです。

先生は博士号を持っておられ、ガンの研究も熱心です。

最近はある患者さんの舌ガンの治療を治し、肝臓ガンの治療も取り組み
治されました。
NHKやラジオ番組にたびたび登場する有名な歯医者さんです。

勿論、自分の悪性リンパ腫の事を言うと、びっくりされていたようで、
「もっと早くここに来ていれば私が治してあげたのに~」と、
おっしゃってくれました。


◆トゥリオ・シモンチーニ博士は、癌や糖尿病学および代謝障害に特化したローマの
医師ですが、
癌治療のための重炭酸ナトリウム(重曹)を使用してこれを完治させたそうです。
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-115.html
重曹と言えばベーキング・ソーダーですね。
胃もたれなどの薬としても用いられてきました。

◆ところがこれが、腎臓病、糖尿病、インフルエンザの治療や風邪、および一般的な
医学の他の分野の重要な領域に適用範囲を拡張し、効果を上げているというのです。
シモンチーニ博士は医学界や製薬会社などから、しばしば嘘つきだとか、いかさま師
だという風に評されているそうです。彼の

理論は単なる仮説に過ぎず、知的適合性が無く独りよがりに過ぎないと強い反対があ
りますが、逆にアメリカのマーク・サーカス博士は大いに、シモンチーニ博士の学説
と治療法を推奨し自分も患者の治療に取り入れています。

◆この老人はステージ4の前立腺がんで死にかけていた所、シモンチーニ治療を知り、
自分で重曹治療を行い短期間で完治したそうです。その方法は簡単で、水と重曹に糖
蜜を加えて掻きまわすだけだと言っています。
https://www.youtube.com/watch?v=Grtrm8tk4d4
ユーチューブ---日本語・歯車横の字幕アイコンをクリック


◆ベーキングパウダーではなくて、◆ベーキングソーダですよね。お間違いなく

◆重曹は★精製塩と同じようなものなので、★血圧上昇するのが難点。---ベーキン
グソーダ-血圧上昇?????
◆塩(自然塩)で血圧は上がりません。★低血圧の人に塩を食べさせても低血圧の
ままです。
医療マフィアによるネガティブ・プロパガンタに騙されないように。
塩は1日21gまでOK
人体に必須の元素むしろ少ないほうが危険。人体電流の電導物質。
ペット犬にも重曹は効果絶大、何度かこれで病気を治しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィルム型リチウムイオン電池 | トップ | 黙っていたらみんな殺されて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL