ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

行政に執行はどんな場面でも国民の前では公正であるべきである

2017-07-15 02:01:02 | 社会・経済

私は、どの様な立場、関係であろうと、人間はそれぞれ対等であると思って、毎日の生活を送っております。 ある会社の社長さんと話す時、或いは社員の方に話すとき、現場で働く方と話す時、お店で働く方と話す時、どんな立場の方と話す時も、一人一人丁寧な話し方をします。 人によって話し方を変えるのは、はっきり言って疲れるのです。 寧ろ誰に対しても、ごく自然に接しているほうが、その都度、顔色を見る必要がないので楽なのです。

その意味で、我が国の行政の長である安倍晋三首相にも、その執行に当たっては、私たちの国民の前では模範を示して貰いたいところです。 私は人間・安倍晋三さんが好きな、愛すべき方だと感じておりますが、残念ながらこれまで開かれていたしました国会質疑での対応を見ていると、自らの閣僚や補佐官、内閣人事局で人事を統括する立場を利用して、はっきりと嘘と分かるような答弁をさせております。

私たち国民をバカだと思って国会答弁を続けてきたのですが、テレビ放映を見ていて、少なくとも都民の方々は、先日の都議選で自民党にノーの判断をしました。 安倍政権の内閣支持率も急減し、安倍さんも対策に内閣改造を行うことによって、支持率の回復をするべく、動き始めているようです。

これまでの新聞報道やテレビ放映を観ていて感じるのは、政権側の立場に付く方々の意見です。 公正な執行を大切にせず、何が真実かを追求しない方々が、炙り出されております。

私は倫理法人会の推薦で、それまで読んでいた毎日新聞を止め、産経新聞を読むようになっております。 日本を愛する立場で論説する文章が並ぶのは良いのですが、必ずしも公正で中立的な議論をする方は、残念ながら少ないのです。 

森友問題や加計問題で、何故そんなに騒ぐんだと云う論調でいる正論学者には、がっかりさせられます。 支持率低下を挽回しようと、安倍首相は閉幕中審議に出席されて、答えようとしておりますが、どんな猿芝居を見せてくれることでしょうか、期待しております。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発推進論者の根底にあるの... | トップ | 届け先を失ったラブレターの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信じられないです。 (masamikeitas)
2017-07-15 06:22:35
>私は倫理法人会の推薦で、それまで読んでいた毎日新聞を止め、産経新聞を読むようになっております。

失礼ながら、産経新聞が倫理法人会の推薦ですか!
信じられないです。
倫理法人会って、何でしょうか?
私は大手ではないですが、東京新聞が今のところましな新聞だと思っています。
個人的なことに立ち入って申し訳ございません。
縁があって産経新聞を読むようにはなってはおりますが (龍之介)
2017-07-15 07:33:46
倫理法人会と云うのは、倫理について勉強する会です。 知人の紹介で私も数年間、毎週水曜日の6時半から8時過ぎぐらいまで、体験を交えた短い講演を行い、その後、朝食を頂きながら交友を深めると云う組織でした。
現在は参加はしておりません。
産経新聞を読むようになって、もう10数年は経っているでしょうか。 私の父が新聞関係の仕事をしておりましたので、余り新聞を変えると云うことには抵抗があります。
産経新聞の内容については、ブログでも記載している通り、論調には必ずしも賛成しかねる文章はあるものの、日本を愛する、大切に考える点では、それなりの意味があるとも感じております。
ある意味では批判をしながら、産経新聞を読んでいると云う側面があるかも知れません。
因みに、子供の頃から結婚するまでは、朝日新聞を読んでおりましたが、文章に偏りを感じたため、毎日新聞に切り替えて長い間、親しんできましたが、知人の紹介で入会した産経新聞に切り替えるタイミングがあったもので、現在は批判の心を持ちながら、産経新聞を読む実情です。

コメントを投稿

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL