ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

原発推進論者の根底にあるのは核を持ち続けるべきと云う考えがある

2017-07-14 07:01:55 | 社会・経済

私は櫻井良子さんが論説する文章は、日本を愛する、大切にすると云う考えがあり、比較的に好きな方です。 然しながら、櫻井良子さんをはじめとする原発推進論者や、容認論者の意見には賛成することは出来ません。

3.11の東北地方大地震で見られた津波による福島原発事故により、放射能が拡散し、地域の方々が住み慣れた土地から避難しなければならない事態が起きました。

放射能の半減期は長く、生物の遺伝子を傷つける放たれた放射能の影響により、元の土地に戻ることを許されません。 

日本の国土のあちこちに温泉が出ます。 私たちの国土の下には、4つの大きな大陸プレートが潜り込んでいて、何時、地震が起きてもおかしくないのです。 活断層の有無が原発設置の基準に、原子力規制委員会の論議になっているようですが、上記の理由により活断層の有無以前の問題であると、私は考えております。

そのような国土に成り立っている日本で、なぜ原発推進の論議が出て来る理由を考えてみました。 原発を失うと核兵器の基になるプルトニュームの生産が、出来なくなるのが、その根拠のような気がして来ました。

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建物も人間と同じように定期... | トップ | 行政に執行はどんな場面でも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL