パソコン悪戦苦闘記録

パソコンの操作にはいろいろと苦労しています。その悪戦苦闘ぶりの記録です。

キーボードを持ち運ぶための収納ケース

2016年10月15日 | 自宅パソコン
  Amazonタブレットにテキスト打ち込むには、PCキーボードを接続して、タイプするのが非常に楽で、便利です。
 タッチ画面に出てくるキーボードで一つ一つタップするのは、文字入力に時間がかかり過ぎます。
   ⇒こちらの記事を参照

 私は、いつもELECOM コンパクトキーボードを持ち運んでいて、列車の中や図書館などで使っています。
 ただ、キーボードを裸のままバッグに入れて、持ち運ぶわけにはいきません。
 書籍なんかと一緒にバッグに詰めると、重圧でキーボードが壊れる心配があります。また、キーがはずれたりするおそれもあります。
 そこで、キーボード収納用の、自家製ケースを作りました。材料は、段ボールです。

  

 こんな物でも、見た目はともかく、持ち運び時の衝撃に対する保護に関しては、まぁ支障はありませんでした。

 それでも、もっとましな収納ケースはないものかと、模索は続けていました。
 キーボードを三つ折りにして、コンパクトに折りたためる優れものキーボードも販売されていて、非常に欲しいのですが、お値段を見ると、購入するのがためらわれます。
 100円ショップで、クッションケースなどを探すのですが、A4サイズのはちょっと小さくて、入りません。それに、クッションケースでは、本などの重圧からの防護には不十分な気がします。

 そうした中、今日、ふと立ち寄ったディスカウントショップで、ちょうどいいサイズのプラスチック製クリアケースが見つかりました。
 「A4サイズのクリアファイルがそのまま入る、ちょっと大きめサイズ」というシールが貼られています。
 ちょうどそのときも、キーボードを携帯していたので、試しに収納してみると、まさにピッタリ、しっくりと収まります。
  

 わずか250円で、いい収納ケースが手に入りました。衝撃からの保護という点では、段ボールの方が上かもしれませんが、クリアケースでは出し入れが簡単になりそうです。
 いいものが見つかってよかった。
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Amazonマーケットプレイスか... | トップ | Amazonマーケットプレイス保... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL