今日の散歩

愛「人」との散歩日記

威風堂々

2017年05月15日 | 日記・エッセイ・コラム

「おい、あそこから来る白い猫、道のど真ん中をしかも堂々と歩いて来るぞ」とご主人さま。
「そうですね、普通はそろそろと道の端に寄り、一気に通り過ぎていきますよね」
「あいつは威風堂々とこちらに向かってくるぞ」
「俺達完全に負けてるな、道を譲ろうか」
「情けないこと言わないで下さいよ、ご主人さま」
「痩せても枯れても、我々は人間と犬ですよ」
「猫ごときに負けられますか」

「でもな、あの気迫はたいしたものだ」
「さすが孤高に生きている野良猫だよ」

「俺もな、あんな風に"孤高"に"凛として"生きたいと常々思っているんだ」
「うーん、ご主人さまにはちょっと無理じゃないでしょうか」
「差し詰め"孤独"に"鈍"がお似合いかと思いますが」
「コラァー、ご主人さまに向かってなんてことを」

「それじゃ、威風こそこそと帰るとするか」



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出発 | トップ | 強盗は二度来る »
最近の画像もっと見る

あわせて読む