今日の散歩

愛「人」との散歩日記

ワイナリーに

2017年06月14日 | 日記・エッセイ・コラム

「昨日、南高梅を買いに行ったついでに近くのワイナリーに立ち寄ったんだ」とご主人さま。
「最近、やたら梅に拘っていますね」
「うん、今度は"うめー梅ジュース"を作ろうと思ってな」
「もう、作り方も研究済みだ」

「んで、ワイナリーって」
「広い広い葡萄畑があってな、収穫した葡萄でワインを作っているところ」
「梅の次は葡萄ですか」
「以前は、農業公園として有料だったんだがな」
「あんまり人が入らないので、無料開放したということだ」

「いろんな品種の葡萄の木が植えられており、その品種によりいろんな風味のワインが出来るらしい」
「この醸造所で作られたワインは、"神戸ワイン"というブランドでも販売されている」
「俺も飲んだことがあるがな」

「お土産に買って来なかったんですか」
「ちょっと高かったからな」
「そうですね、ご主人さまは安い安いワインしか飲まないものですね」
「特に、フランスやイタリヤなど外国の高いワインなんて絶対飲まないですものね」
「うん、そうだがな」
「輸入ワインには必ず酸化防止剤って添加物が入っているんだ。よく見るとラベルにちゃんと書いてある」
「お前、俺の添加物嫌いは良く知っているだろう」
「市販の紅生姜、」毒々しい真っ赤な梅干なんて絶対食べないだろう」
「でも、真っ赤なタラコは食べますよね」
「あれも出来るだけ色の薄いものにしてるだろう」

「だからな、ワインも無添加のものしか飲まないようにしてるってわけ」
「ご主人さまっていろいろと拘りがあるんですね、しかも偏った拘りが」

「それで、偏屈って言われてるんですね」






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  またもペットロス | トップ | 二周目の散歩 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む