今日の散歩

愛「人」との散歩日記

夏祭り

2017年08月27日 | 日記・エッセイ・コラム

「昨夜のお祭り、賑やかでしたね」
「そうだな、盆踊りあり、演奏会あり、手製御輿あり、そんで屋台ありで、そんで外人さんもいっぱい。毎年、訳の分からない祭りだな」とご主人さま。
「お孫さん三人も空手の演武で登場しましたね」
「うん、あれを見に行かないといけないのでな」

「途中、それとなく盆踊りを見ていたんだがな、みな上手に踊っていたな」
「女の人は浴衣着て踊っているだけで、上手に見えますものね」

「ところがな、男の人でとりわけ上手な人が目についた」
「絽か紗の青い着物の粋な着流し姿で踊っている人なんだ」
「踊りも実にしなやかで、見ていて男の色気さえ感じた」
「京都の祇園なんかで遊び慣れているんじゃないですか」
「そうだとしても、あのセンス、仕草は、俺には絶対真似が出来ないと自信を持って言えるな」
「変なところに自信を持たないで下さいよ」
「それで思い出したが、仕事で京都の貴船とかに行ったとき、料亭のおかみさんが絽の着物を着ててな、その"凛"とした雰囲気に驚嘆したことがあったな」

「俺は、"凛"という言葉がなぜか好きなんだ」
「特に、凛とした日本がな」

「私もリンリンと、いつも首に鈴を付けていますよ」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サルスベリ | トップ | 爪切り »
最近の画像もっと見る

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事