今日の散歩

愛「人」との散歩日記

カナコト語

2017年07月18日 | 日記・エッセイ・コラム

「オハヨウゴザイマス」との声に振り返れば外人さん。
「お、おはようございます」とご主人さま。

「追い抜きざまに、外人さんの挨拶は珍しいな。ちょっとびっくりした」
「日本人でも、追い抜きざまに挨拶して行く人は少ないのにな」

「そうですね、外人さんはたいてい前の方から来てスレ違う時に"にこっと"したり、"オハヨウゴザイマス"とか、挨拶するのが普通ですね」
「ということは、うん、俺の散歩もようやく国際的に知られるようになったんだ」
「違いますよ、あの外人さんはきっと律儀な人で、みんなに挨拶してるんですよ」

「しかし、あれだな散歩も同じコースばかりだと飽きてくるな」
「そうですね、私もオシッコの場所が同じでマンネリですよ」
「そうだ、今度逆向きで散歩しませんか」
「いま、時計の回る方向とは逆ですから、今度は時計の回る方向に散歩しましょう」
「そうすると、いつも朝挨拶していたみんなが後ろからになるな」

「それは追い抜く場合でしょ」
「ご主人さまは、追い抜かれることが多いから、誰もほとんど気にしないんじゃないですか」

「あ、それではまずいな。いつもの若いお姉さん達とも挨拶出来なくなる」
「やっぱり、このままがいいな」

「ご主人さまは何を考えて散歩してるんですかね」
「ザツネンガ、オオスギマスヨ」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 念には念を入れて | トップ | 余話 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む