古稀からの手習い 水彩ブログ

人生の第4コーナー、水彩画で楽しみたいと思います

果物にパンなど(教室にて)

2017-04-24 06:59:52 | 静物(全体)
先日(4.10)の教室(小玉精子先生)のモチーフです。

今回の絵の特徴、それは、色彩の構図がいくつかの“補色関係”にあることです。
教室では全く意識することがなかったのですが、
帰宅して仕上げの段階で気付きました。
大雑把に見て、左から

茶と青、(パンとパンの直下の敷物)
赤と緑、(リンゴ、オレンジとブドウ)
黄色と紫(レモンとアボガド、容器)
です。

最終的には先生に並べていただいたのですが、
先生がこのことを意識されていたかどうかは分かりません。
おそらく直感的・本能的になさったのではないか、と推察します。

補色関係については、拙ブログ(2012.06.11付 「補色の練習(模写 柴崎春通先生作品から」)で採り上げていますが、
その中で補色関係がいくつかあるときは、そのうちのどれを主役にするか、が大事だと。
今回は中央のリンゴを中心に描きましたので、こちらが主役、左右のそれは脇役ということになりそうです。
ただ今回の場合、手前のパンを主役に据えるのも一案だったかと思います。

モチーフ担当の方には、こんなにも多彩に御準備下さったり、
ご丁寧にもレモンはカットしたのをご提供して下さったり・・・、
そのお心づかいに、ただただ感謝でありました。

パソコンを、新機種(Dell)、新OS(Windows10)へ買い換えます。
操作に慣れるまで時間がかかりそうで、本ブログ、しばし休ませていただきます。




『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひこばえ(櫱・孫生)(写真) | トップ | ♫あざやかなみどりよ・・・わ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mori)
2017-04-24 07:08:29
絵を見た瞬間の感想が鮮やかで、多彩と思いました。コメントを読んで成程と納得しました。それにしても一つ一つ丁寧に描かれているのに感心しました。バックも一色ではなく微妙に変化させる等力作だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

静物(全体)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。