古稀からの手習い 水彩ブログ

人生の第4コーナー、水彩画で楽しみたいと思います

木瓜 (ぼけ)(教室にて)

2017-03-20 07:30:51 | 静物(花)

木瓜(ぼけ)の季節となりました。
毎年描いてみたいと思いつつもやり過ごしていましたが、
先日の教室がこのモチーフでした。
見た瞬間、枝振りがいいなあ、と感心しましたが、
生け花をおやりになる方がその担当だったとお聞きし、さすがと。
その枝を強調するため全体を描くこととしました。
また、ガラスの花瓶の中の表現に留意したことでした。

因みに何故木瓜と書いてボケと呼ぶのか?
こちらも長年気になっていましたが、今回の絵を切っ掛けに調べてみました。
WIKIなどによれば、
秋、木につける実が瓜(うり)に似ているから“木瓜”という漢字があてられ、
木は“もく”や“ぼく”、
瓜は“か”とも“け”とも読み、
「もけ」や「ぼっか」が転訛して『ぼけ』になったとか。

そうそう、自分は呆けたくはありませんが、こればっかりは・・・。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YouTubeに夢中になっている孫... | トップ | 胡蝶蘭に飾り皿(教室にて) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mori)
2017-03-20 07:46:58
綺麗ですね。枝のバランスだけではなく、色のバランスも良いですね。それから木瓜にはそんな流れがあったんですか。
道路わきに小さく真っ赤に丸く咲く花に元気を貰いながらボケ防止に引き続きウォーキングに頑張ります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。