古稀からの手習い 水彩ブログ

人生の第4コーナー、水彩画で楽しみたいと思います

もの憂げに遠くを見やる乙女(モデルさん その2)

2016-10-17 06:31:10 | 人物


2枚目、標記のタイトルにしました。

そのいきさつを少々。

モデルさんの右側を描くため、そちらへ移動しましたが、
前の席は埋まっており、後ろの、やや距離のあるところから描くこととなりました。

遠いので、細かいところは見えません。
その分、まあこんなところだろうと、かなり大胆に筆を進めることは出来ました。

ただ、よく見えないことをいいことに、
教室ではモデルさんの黒い瞳は、ほぼ目の“中央”に入れて(正面向き)、

“とりあえず下絵は一丁あがり”と、ひとり悦に入っておりました。

そして帰宅、仕上げにかかりました。

1枚目が終わり2枚目にとりかかったとき、フト気がつきました。

“(1枚目の)モデルさんの目は左を向いていたぞ”と。

慌てて2枚目を修正。

結局目は白い部分が多くなりました。

でも、瞳を端に寄せただけでは、その表情に、ちょっと何かが物足りません。

現場での下絵のように、瞳を中央に戻そうかとか、
今回は左側から描くのが正解だったかな、とか頭をよぎりました。

でも、こういう瞳の位置の絵を描くチャンスも少なかろうと、
このままこれを活かすにはどうしたものかと、と思案しました。

そうだ、瞳を端に残すのなら、“もの憂げな表情”も一興だ、これにチャレンジしてみよう、
ということになりました。

この表情の目(目の周辺や口元なども)を、いろいろ別の紙に試し描きし、上のような表情と相なった次第です。

・・・ということで、モデルさんが物憂げな表情をされていた訳ではありません。


今回も大変勉強になりました。
モデルさん、そしてこういう機会を作っていただいた教室に感謝・感謝です。








『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モデルさんを描く(教室にて... | トップ | をとめ歌(中務集(伝西行筆)... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mori)
2016-10-17 06:49:47
にこやかとかではなく、「何か気が進まないな~」という目を感じながらコメントを読みました。そういう事情があったんですね。
それにしても何時も感心するのが、色々な状況を自身の向上の糧にすることです。
絵の、目はもの憂げかも知れませんが女性らいしい穏やかな雰囲気が出ていると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。