古稀からの手習い 水彩ブログ

人生の第4コーナー、水彩画で楽しみたいと思います

獅子頭に鷹(教室にて)

2016-10-31 06:32:44 | 静物(彫像・置物・人形など)


先日の教室(小玉精子先生)です。
当初、担当の方が準備して下さったのは、めずらしい獅子舞いの獅子頭の置物。
雌雄それぞれ、片手で口をパクパクできるほどの大きさ。
「笛に浮かれて逆立ちすれば 山が見えます 故郷の・・・」
戦後間もないころ、ラジオから流れていたひばりの名曲「越後獅子の唄」を想い出したことでした。

絵としては単一色で凹凸が捉えにくく描くのは難しそうですが、
それだけに絵ごころをくすぐるモチーフです。

それに先生から鷹の置物(木彫り)を後ろに添えて頂きました。

教室ではそれをスケッチすることで手一杯でしたが、帰宅後仕上げをする段階で、
今回のモチーフは、地上の百獣の王と空の猛禽の代表だと気付きました。

ならば、ということで、その鋭い眼を意識して仕上げてみました。
・・・が、気付くことの遅さよ、といったところです。

追記
本ブログ、来週は休ませていただきます。


『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« をとめ歌(中務集(伝西行筆)... | トップ | 男鹿半島 入道崎の夕暮れ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mori)
2016-10-31 06:50:12
色鮮やか、強い、勇敢といった感じで見ました。その後例によってコメントを読んで目を見直してみましたが、中々どうして他を威圧する感じが良く出ていると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。