「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

【社員紹介企画Vol.18】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2016-08-16 | NTTレゾナントからのお知らせ

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第18回目をお届けします

 

【社員インタビュー企画 心おどる仕事人 vol.18】

メディア事業部 ソーシャルサービス部門 教えて!goo担当 石井 奈穂子

人の気持ちを躍らせ驚かせるようなデザインを追求し続けたい

 

 

~経歴~ 

2004年11月 NTTレゾナント入社
gooのレギュレーション策定、制作及びディレクション、goo全体のクオリティチェック等の業務を担当

2006年7月 主に特集タイアップ、メニューガイドやノベルティの制作、広告企画提案を担当

2013年4月 gooスマホ部のサイト運用、デザインリニューアルを担当

2015年7月 教えて!gooの営業案件のディレクション・制作を主に担当。今年度はサービス企画にもチャレンジ。

 

Q.仕事の内容、心がけていることやモットーを教えてください。

教えて!goo」のタイアップページのディレクションや、デザイナーとして制作業務を担当しています。

仕事をする上では、“デザイナー視点”を持ち続けることを心がけています。
デザイナーとして携わる案件はクオリティを重視するのはもちろんですが、ディレクションや企画側に
立った時も「デザイン」の観点で提案するようにしています。
それが自分の価値であり、求められていることだと感じています。

年間7000万UUを抱える大きなサービスである「教えて!goo」の運用チームの一員として、
日々移ろう数値を目の前に、“情報をデザイン”し“ユーザー”へより良い形で返していきたいと常に考えています。

 

Q.チームの雰囲気やメンバーはどんな人たちですか?

「教えて!goo」チームはスペシャリスト集団です!

ひとりひとりが違う観点から“教えて!gooを動かしている”というブレない芯と、責任感を持っています。
そしてなによりも、仕事を“楽しむ”ことを忘れない雰囲気があります。
また、自分のことより相手のことを優先してしまうくらい気遣いができるメンバーばかりで、仕事だけでなく、
精神面においてもみんながそれぞれをフォローし合あえる仲間です。

 

Q. 今まで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはどんなことですか?

転職当初は会社に慣れることが大変でした。大きな組織の中で自分を活かせるのか、ひとつのブランドに
基づいたサービスを創りあげることができるのかなど、感覚ではわかっていたつもりでも、実際は初めて
経験することも多く、覚えることに苦労しました。

また、デザインを創る立場として自分の価値が本当に活かしきれているのか悩んだ時期もありましたが、
営業担当と連携した広告企画にチャレンジさせてもらったのをきっかけに、新たなクリエイティブ視点を学ぶことができました。

季節に合わせた営業資料を作ったり、営業担当が情報収集してきたクライアントのニーズをチームみんなで議論しながら
企画書にまとめたりと、ゼロから創り込む面白さや今まで以上に自分の想いをのせて創りあげるやりがいを肌で感じることができました。

 

Q.仕事のやりがいや醍醐味を感じるときはどんなときですか?

リアルタイムに使われて役に立つサービスの一端を担っていることにやりがいを感じます。
そして、新しい技術やサービスに躊躇なく乗り込んでいく強みのある「教えて!goo」に関われていることに醍醐味を感じています。

 

Q.これから実現してみたいことは何ですか?

これからもクリエイティブな仕事には関わっていきたと思っています。
ユーザーにとって使いやすく、役に立ち、気持ちがよくてまた使いたくなるような、そんなデザインを追及したり、
人の気持ちを動かすプロダクトを創りだしていきたいと思います。 

 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください

子供と一緒に季節を感じられる遊びを考えながら家族の時間を大切に過ごしています。
先日の連休はキャンプに行き、川遊びや花火を楽しみました。仕事終わりや家事の合間に、子供にとって優しい場所や
環境かどうかをシーズン前からリサーチするのは大変ですが、子供たちの楽しそうな笑顔を見ると、大変だったことも忘れちゃいますね。 

 

Q.レゾナントの第一印象を教えてください

以前の職場でレゾナントの方と関わることがあったので、外から見ていたレゾナントの印象はとても「良い人ばかり!」でした。
スマート且つ温かい人たちばかりで、こういう人たちと一緒に働けたらいいなと思っていました。
ご縁がありレゾナントの一員になれたときもその印象は変わりませんでした。

仕事内容は、今まで自分がやってきたことが活かせるのかどうか不安でした。
サービスを一からみんなで生み出す事が初めての経験だったので今までの目線とまったく異なる事にとまどいましたが、
それがかえってやりがいに繋がったと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

gooサンクスチーム「5回連続!RTキャンペーン」を開催!

2016-08-05 | gooからのお知らせ

本日、8月5日(金)よりgoo公式のTwitterアカウント「gooサンクスチーム」では「5回連続!RTキャンペーン」を開催しています

本日から5日間連続で投稿される対象ツイート(5つ)をすべてRT(リツート)してくれた方の中から抽選で20名様にgooグッズをプレゼント

 

みなさん、ぜひご参加ください

 

キャンペーン期間

2016年8月5日(金)~8月14日(日) 

応募方法

以下2つの条件を満たせば応募完了です!

1.キャンペーン期間中に対象ツイートをすべて(5つ)RT

2.@goo_thanksをフォロー

 

詳しくはこちらから→gooサンクスチーム「5回連続!RTキャンペーン」開催のお知らせ


この記事をはてなブックマークに追加

【社員紹介企画Vol.17】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2016-08-04 | NTTレゾナントからのお知らせ

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第17回目をお届けします!

 

【社員インタビュー企画 心おどる仕事人 vol.17】

メディア事業部 広告営業部門 大阪オフィス 代理店営業担当 時田 典昌

自らが体感することで得られる情報を 最良の「驚」に変えて提案し続けたい

 

~経歴~ 
2005年にNTTレゾナント株式会社へ転職
以来、一貫して大阪オフィスの西日本統括マネージャーとして広告営業を担当

 

Q.仕事の内容、心がけていることやモットーを教えてください。

広告営業部門の大阪オフィスで、主にクロスリスティングの検索データや教えて!gooの
興味関心データを活用した広告販売やタイアップ広告企画を担当しています。

今年の4月からは、在阪のテレビ局と一緒にテレドーム事業にも携わっています。
インターネット広告とは若干異なりますが、テレビで出来ること、Webで出来ることを
連動させて視聴者に新しいサービスを提供していきたいと考えています。

仕事をする上でなによりも大切にしている事が2つあります。
まずは、“スピード感”です。
インターネット広告業界の進化はものすごく早いです。半年前に主流だったことが今はもう古く、
ほとんど活用されていないこともしばしば。今の時代は、デジタルマーケティング領域の知識や
知見などを吸収していかないと、あっという間に取り残されてしまいます。
そのスピード感についてくことはもちろんのこと、さらに一歩先を走ることを意識しています。
また、業界に関するニュース記事も日々チェックし、常に最新の情報を取り入れながら、
お客様との商談に活用していくことを心がけています。

もう一つは“お客様の要望に120%応えきる”ことです。
日々お客様と接する中、たくさんの要望や相談をいただきます。そこに対してただ答えるだけではなく、
付加価値を提供することが信頼に繋がると信じています。

 

Q.ご自身の強みを教えてください

フットワークの軽さだと思います。
何かあればすぐ東京本社に行ったり、名古屋や九州のお客様にも直に会いに行くようにしています。
メールや電話だけでなく直接会うことで感じる“温度感”を自ら体感し、それをいかに吸い上げるかが
営業担当として大事なことだと考えています。

 

Q. 今まで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはどんなことですか?

インターネット広告を、今までのバナー広告販売から、新しい領域であるアドテクノロジーを活用した
広告配信に切り替えたときが一番大変でした。

今までやってきたことを一旦リセットし、ゼロから始めたことなのでチーム全員がよくわかっていない状況でした。
一気に切り替えたことで、目に見えて大阪オフィスの売上が下がった時には不安と焦りしかありませんでした。
ですが、今までの経験で検索データや教えて!gooの興味関心データが持つ力はとてつもないパフォーマンスを
生むと信じ、それを基にチーム一丸となって議論を重ねながら創り上げた広告商品だったので、あとはお客様へ
どう伝えるかという自分たちの新たな挑戦でした。

チーム全員があらゆる方面にヒアリングや相談をし、吸い上げた良い情報を持ち寄ってセールスに落とし込んでいきました。
迷いながらも質の良い商品を創り上げ、成功したと実感できたのは半年経ったころでした。
今、絶好調だと体感できているのは、あの時のピンチをチーム全員で乗り越えられたからこそだと思います。

社会人生一貫して営業に携わってきましたが、あのときほど苦しかったこと、そしてチーム力を感じたことは
なかったかもしれません。自分たちが創り上げた商品の良さ、チームワーク、今まで培ってきた経験・・・など
全てを信じ進んできた成果だと感じています。

 

Q.これから実現してみたいことは何ですか?

検索データや教えて!gooの興味関心データを活用したインターネット広告はこれから更に
データのアウトプットに注力することは必須です。
また、もっと大きな領域として、デジタルマーケティングとしてのコンサルティング事業を進めていきたいです。
最近はグローバルでも広告代理店とコンサルティング会社の垣根がなくなってきています。
ビッグデータの活用では、いろんな分野にも精通でき、サイトのオーディエンスデータや企業がもっている
顧客データなどを繋ぎあわせてソリューション提案がしやすくなっています。

そういった業界全体が動き始めている中で、広告配信分野だけに留まらず、コンテンツ制作や商品開発など
可能性をどんどん広げて、デジタルマーケティングの未来を切り開いていきたいです!

 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください

3歳と0歳の息子たちと遊びまくります!
新幹線や飛行機を見に行ったり、公園でサッカーや滑り台で遊んだりしています。
平日は帰宅が遅くなって、なかなか子供と触れ合えないので、せめて休日だけは家族と過ごしたいと思っています。
また、元気の秘訣は毎朝のグリーンスムージーです。妻が結婚当初からずっと作ってくれていて、とても美味しいです。
グリーンスムージーを飲むことから一日が始まり、今日一日、仕事を頑張ろうと気合いが入ります。

 

Q.レゾナントの第一印象を教えてください?

先進的で勢いのある会社だと思いました。
レゾナントに転職して、初めてインターネット広告業界に踏み込んだので不安はありましたが、
パワーのあるポータルサイト「goo」で、実践として取り組む醍醐味を味わうことができました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「OpenStack Days Tokyo 2016」登壇について

2016-07-07 | NTTレゾナントからのお知らせ

7月6日(水)・7日(木)の二日間に渡って開催されたOpenStack Days Tokyo 2016にて、
NTTソフトウェアさんと一緒に、NTTレゾナント ビジネスプラットフォーム事業部の橋本智哉と大木和也が登壇いたしました。

「OpenStack」とは、サーバー・ストレージ・ネットワークなどのIaaS(Infrastructure as a service)基盤を
統合的に管理するオープンソースソフトウェアです。
NTTレゾナントでは、現在注目を集めているこの技術をいち早く導入し、ポータルサイト「goo」の運用などに役立てています。

会場に集まった、「OpenStack」について興味をお持ちの200名を超える参加者の方々に対して、
OpenStackのアップグレードの考え方や月間1.7億UUを擁するポータルサイト「goo」に導入済みの
OpenStackに対し実際にアップグレードを行った事例などをなどについてご紹介させていただきました。

 

【プログラム概要】

<タイトル>
実録!大規模環境のOpenStackアップグレードの考え方と実施のコツ
      ~NTTレゾナント、IcehouseからLibertyへ~

<登壇者>
NTTソフトウェア株式会社 クラウド&セキュリティ事業部第一事業ユニット 三木 遼

NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 橋本 智哉

NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 大木 和也

<URL>
http://openstackdays.com/program-detail/#d1p2s4


NTTソフトウェア株式会社 クラウド&セキュリティ事業部第一事業ユニット 三木 遼


NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 橋本 智哉


NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 大木 和也
 

NTTレゾナントは、2015年10月に開催された「OpenStack Summit Tokyo 2015 」でも、
NTTグループの一員として、APACの企業として初めてとなる「OpenStack Superuser Award」を受賞しています。

今後も、新しい技術にも積極的に取り組んでゆくNTTレゾナント社員の活躍にご期待ください


この記事をはてなブックマークに追加

【社員紹介企画Vol.16】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2016-06-21 | NTTレゾナントからのお知らせ

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第16回目をお届けします!

 

【社員インタビュー企画 心おどる仕事人 vol.16】

メディア事業部 広告営業部門 
事業計画担当 新宅真妃

 

周りの「愛」に支えられていることを感謝しながら 
今できることを 私らしく取り組んでいきたい

 

~経歴~ 

1996年NTT(現在のNTT東日本)入社
神奈川支店法人営業部SE担当にて、社内外サーバ構築、新規ビジネスの立ち上げに携わる。

2001年にNTT-BB(レゾナントの前身)に転籍
動画配信サービスBROBAの立ち上げを経て、メディア事業部コマース部門、広告営業部門の事業計画に携わる。

 

Q.仕事の内容、心がけていることやモットーを教えてください。

インターネット広告営業の事業計画や戦略立案、総括としての業務をおこなっています。

gooのサイト上に掲載する広告は、gooに訪れたユーザーのPV数に応じて広告リクエスト数
(インプレッション数)が決まり広告収入が入る仕組みなので、広告収入は全社サービスに
関連すると言っても過言ではありません。
営業販売手法や商材別など、収益形態ごとに数字を可視化し、60種類以上あるサービスに
振り分ける業務を担当しています。

数字を可視化するとき、いかに正確に、どういう指標で表せば受け取り側にわかりやすく
届けられるかに重きを置いています。経営者には全体を俯瞰でみられるようなマクロ的な数字を、
各サービス側へ報告する実績はよりミクロな数字に落とし込むように心がけています。
分析結果によって広告営業部隊はお客様へのより良い提案創りに、サービス担当はユーザーに
より楽しんでもらえるコンテンツ創りに役立てもらえることがやりがいにもつながります。

 

Q.チームの雰囲気やメンバーはどんな人たちですか?

人の懐にスッと入っていけるような、とても明るいメンバーばかりです。
いろんな経験値をもってレゾに転職してきた方も多いので、営業のプロとして意識が高いです。
私が所属しているチームは、バックヤード業務を全部まとめたチームで新しい広告開発や
広告配信技術などそれぞれの道のプロ。「知」のプロの集合体です。
営業のプロと、バックヤードのプロ集団がうまくコントロールしている集団です!

 

Q. 今まで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはどんなことですか?

現在の広告営業部門に異動した当初はとても大変でした。
以前の部門とはビジネスモデルがまったく違うので、まず会議にでてもアルファベット3文字の
意味すらわからず会話についていけませんでした・・・。ちょうど長女の中学受験も重なるタイミング
だったので“仕事と家庭の両立”という意味でも「しんどいな・・・」と思ってしまうこともありましたが、
家族(特に旦那さん)の支えや職場の理解があって乗り越えてこられたと思っています。

自分もそうなのですが、特に女性は100%を求めすぎるところがある気がします。

誰から見ても、仕事と家庭の2つをやっていることはあきらかなので、両方で100%以上の
力が発揮している自分を素直に認めてあげないと両立はできないと思っています。
人によって考え方は違うので全ての人に認めてもらうことはできませんが、
せめて自分自身には褒めてあげたいと思っています。

 

Q.これから実現してみたいことは何ですか?

女性のライフワークについて悩んでいる人に、自分の経験が少しでも役に立てられたらと
思っています。結婚、出産、産休、復職など漠然とした不安を抱えている人がいるのであれば、
それを取り除けられる役割になれたらと思います。
私は、産休から復帰するとき、とりあえず今できることをやってみようと思って復帰しました。
「ずっと続けられるか、仕事と家庭の両立はできるか・・・などと身構えなくても大丈夫だよ」と
見せられるような人になりたいです。

 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください

最近の週末は、もっぱら中学受験を控えた息子の勉強を見ることが多いです。
解けなかった問題を付箋に書いてペタペタ貼ってくれているので、帰宅後や週末に解いて教えています。
受験前は家族みんなスポーツが趣味なので家族4人でテニスやゴルフをしによく出かけていました。
旅行先でも国内・国外問わず家族でスポーツをするので、落ち着いたらまたみんなで汗を流したいと思っています!

 


この記事をはてなブックマークに追加