「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

Twitterキャンペーンスタート!

2017-06-19 | gooからのお知らせ

みなさん、こんにちは!NTTレゾナント広報担当小倉です。

goo公式Twitterでは本日より『フォロー&RT(リツイート)キャンペーン』を実施します

 

 

gooサンクスチームをフォローして、対象ツイートをRT(リツイート)してくださった方の中から抽選で10名様に「gooオリジナルスープジャー」をプレゼントいたします。

 

キャンペーン期間

2017年6月19日(月)~6月25日(日)

応募方法

1. @goo_thanksをフォロー

2. 対象ツイートをRT

詳しくはこちらをご確認ください。

これから暑い夏の時期に、キンキンに冷えたお出汁や麺つゆをスープジャーに入れれば、オフィスや外出先でも美味しい冷やし中華やツルッとしたどごしの良いおそばが食べられます!

クーラーで冷えた身体には夏野菜たっぷりの温スープも合いますね
かわいいメグたんデザインのスープジャーをぜひゲットしてください。ご参加お待ちしています

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

【社員紹介企画Vol.29】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2017-06-15 | NTTレゾナントからのお知らせ

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第29回目をお届けします!

メディア事業部 ポータルサービス部門モバイルマーケティング担当 山岸貴道

“創り”だすためには 情報の質と量が重要

 

~経歴~ 
1997年 日本電信電話株式会社に入社

2000年 NTT-Xイーキューブカンパニーに異動しeラーニング事業のセールスマーケティング担当
2004年 NTTレゾナントで人材コンサルティング事業の立ち上げ、サービス企画担当
2011年 NTTラーニングシステムズに出向、営業企画、自社の営業改革に従事
2016年 NTTレゾナントメディア事業部ポータルサービス部門モバイルマーケティング担当(現職)

 

Q.仕事内容を教えてください。また仕事をする上で心がけていることはなんですか?
NTT Comモバイルサービス(SIM)の営業支援です。具体的には、中堅中小マーケットでの「IoT」や「M2M」向けのマーケティング及び新規開拓のサポートをしております。ターゲット選定から始まりマーケティング、アポイント、そして実際に訪問してSIMを提案しています。ただSIMの話だけをするのではなく、例えばクラウドや端末の話など、あらゆる切り口からお客様の課題やニーズを汲み取り、販売につなぐことが私の任務です。

 

そしてもうひとつは、そこで接点があるお客さまとレゾナントの各サービスをつなげることです。たとえばgooのスマホやIoTチームと連携して企画提案などを行っています。

 

----一番多いアポイント方法って、テレアポですか?
いろいろ試した結果、今はウェブサイトの問合せフォームからアポイントをとることが一番効果的です。問合せの文面が変わるだけでアポイント獲得数が大きく変わってきます。「この文章で○○件アポイントとれたよ」などチームのみんなで情報共有しています。ファーストコンタクトでどれだけ気を引いてもらえるかが重要になってきます。今年はターゲットの業界に合わせたセミナー開催にもチャレンジしたいと考えています。

 

Q.仕事をする上で心かげていることはなんですか?
“仕事”である以上は“結果をだす”こと。成果をだすことは常に意識しています。
そして何よりも“メンバーと一体感のある仕事で成果を出す”ことを心がけています。一体感があるとたくさんの楽しさ、より高いやりがいを感じることができます。ひとりでは成し得ることができないこともメンバーと一緒なら出来る気がします。

 

また、創りだすことも重要だと考えています。創ることをあきらめたら何事も衰退するだけですから。
営業目線の「創」は、「お客さまと会う」ことです。外部の人と直接会って話しを聞くことから始まります。いくら机上で考えていてもいざ会って話したら予想外の展開になることなんてたくさんありますからね。創りだすためには情報の“質と量”が重要になると思います。

 

Q.今まで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはどんなことですか?
やはりお客さまのアポイントを取ることですね、新規開拓営業なので。

これまでの営業経験から自分なりの“法則”はあるのですが、それが当たらないときは不安になりますね。しかし、そういったときだからこそ“課題解決”が大切になると思っています。「何が悪かったのか」「どうしてアポイントが取れないのか」など課題をしっかり見極めて次の策を考えるようにしています。また、心強いチームメンバーの助けにも救われています。

 

Q.ご自身の強み、弱み(長所・短所)を教えてください
強みは「提案力」でしょうか。特に経験が長い法人営業は強みだと思います。

これまでの営業スタイルを例えるなら、20代は“戦闘”です。若さもあり、いろんなところに出向き開拓する力を鍛えました。30代になるとチームリーダーとしての役割も担うので“戦術”面を磨いてきました。そして40代になった今はこれまでの経験を生かした“戦略”や“企画”を強化しています。ですので、短所はこれからもっと強化していきたい“戦略”と“企画力”です。

 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください
パパ業です!先月下の子が生まれたばかりなので妻が赤ちゃんに付いているときは私が小1になった息子をプールに連れていったり、公園で遊ばせたりしています。

最近自転車が乗れるようになったので、少しだけ遠くまでお散歩できるようになりましたね。子供と共通の趣味を持ちたいなと思っていて、ロードバイクなんかがいいかなぁって考えています。 

 

Q.座右の銘、好きな言葉を教えてください
大隈重信の人生訓である「長生五カ条」に“望みを将来に置け”という名言があります。
結果がでないとき、うまくいかないときなどにこの言葉を思い出します。やり続けて前に進めばいずれ突破できるという強さを感じる言葉です。

もうひとつ、ファーストリテイリング社長柳井正氏が「一勝九敗」という本を出版しています。
一勝九敗だからこそ、ひとつの成功に深みがあり、次につながる大きなパワーが生まれるという思いが込められているそうです。ここ一番の成功は、これまでの失敗の上にあるということであり、それを励みにしています。

 

------- 

「心おどる仕事人」ではレゾナントビジョン“私たちは、心おどる未来をクリエイトするネット企業、日本代表となる。”を体現する社員を紹介しています。



この記事をはてなブックマークに追加

gooポイント3周年ありがとうキャンペーンを今日から開始します!

2017-05-31 | gooからのお知らせ

NTTレゾナント 広報担当の成田です。

本日より、gooポイント3周年ありがとうキャンペーンが始まります。

gooポイントが3周年を迎えるにあたり、日頃ご愛顧いただいているユーザーの皆さまに感謝の印として、
JCBギフトカード1万円分など総額110万円が300名に当たるキャンペーンを開催します

キャンペーンページ詳細はこちら

【期間】
2017年5月31日(水)~7月31日(月)

【対象商品】

●JCBギフトカード 10,000円:100名[20PT応募]

●QUOカード 500円:200名[1ポイント応募]

 

ご応募お待ちしております


この記事をはてなブックマークに追加

【社員紹介企画Vol.28】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2017-05-30 | NTTレゾナントからのお知らせ

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第28回目をお届けします!


企画部 法務考査部門 法務担当 青木 朋子

優しい「愛」、厳しい「愛」 すべてはまごころから生まれる

 ~経歴~ 

2004年 NTTコミュニケーションズからレゾナントへ転籍 
インキュベーション開発部門で映像通信や携帯向け広告配信の技術を使ったビジネスモデルを研究所や事業会社と一緒に検討し、実証実験や営業に携わる。
2006年 法人営業部門でソリューションやサービスの提案、営業、プロジェクトマネージメントに携わる。
2009年 育児休職からへ復帰、人材コンサルティング部門で人材育成や組織能力開発などの営業とコンサルティングに携わる。
2012年 NTTラーニングシステムズへ出向。業務内容は同じく人材育成や組織能力開発などの営業とコンサルティングに携わる。
2015年 レゾナントへ出向復帰、企画部法務担当。

Q.仕事内容を教えてください。また仕事をする上で心がけていることはなんですか?

法務担当の主な業務は、契約や法律の相談、レビュー、法務審査です。
普段心がけていることは、社内の各担当から案件相談、法律相談を受けるとき、相談者の状況、懸念している事、事業としての方向性ややりたいことをきちんと把握すること、そして理解することを心がけています。
間違った理解のまま法務担当として返してしまったら、それこそ事業として成り立つものにブレーキをかけてしまったり、チャンスを逃してしまうことにもなり兼ねないので、話をよく聞くこと、“傾聴”することを心がけています。

また、まごころをもって取り組むこと、誠意を尽くすこと、愛をもって接することも大切だと感じています。「愛」の字は、ちょうど真ん中に“心”があります。ただ、精一杯尽くした上でもだめなことはだめで、厳しくすることもまた「愛」だと思います。特に経験が少ない若手には厳しい「愛」を持って接していきたいと思っています。

例えば、正しいことを理解したうえで色々とアレンジすることは良いと思うんです、自分もそうやってきましたから。でも正しいことが判らないままアレンジしてしまうと大きな落とし穴にはまって、自分も会社も危うくすることがありえます。それだけは絶対に避けなければなりません。
だからこそ、まずは正しいルールをわかってもらうようにしています。それが仇とで怖い先輩と思われがちです(笑)が、自分もそうやって学んできたことも多くそれに対してはとても感謝していますし、今度はその恩返しをしてきたいと思っています。


Q.今のチームを一言で表すと、どんなチームですか?

プロフェッショナル集団」です。みんな勉強熱心で知識も豊富で、法務的なセンスもあります。
実務経験やバックグラウンドは異なりますが、それぞれがプロフェッショナルであり、且つ統制がとれているチームだと思います。専門家が集まると我を張りがちでぶつかることが多いと思うのですが、今の法務チームはみんなが同じスタンス、同じ方向を向いていると思います。

実は法務に異動が決まったときは困惑しました。そもそも知識や経験もない私が務まるのだろうかと・・・。しかし、ビジネスのフロントに立っていた経験があったからこそ相談者の気持ちもわかり、相談者の目線で考えるようにしていますし、何より今のチームは「みんなのための法務」というスタンスで取り組んでいます。

---まさに、「開かれた法務」ですね!

向かい合うのではなく、隣に座って話すことで“同じ側に立って一緒に考えよう”というスタンスです。これまでの経験から、それがすごく大事だと感じています。相手の気持ちになり、寄り添って聞くことが大事で、それを体現しているのが今の法務チームです。

だめなことはだめ、できないことはあったとしても、それまでのコミュニケーションや議論が十分尽くされていればまた別の一手が見えてくると信じています。


Q.これまで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはなんですか?

これまでを振り返って考えると、ビジネスのフロントに立っていた時に大変だったことが多かったと思います。
お客さまからの要望、期待にこたえられない時、お客さまからクレームがあった時、トラブルに陥った時・・・など、起きてしまったことを悔やむより、「今、この状況で出来ること」を必死で考え、やりきる気持ちを大切にしてきました。
その時に自分を信じ、チームのみんなを信じて、相手(お客さま)に誠意を尽くすことに重きを置いて取り組んでいました。ピンチはチャンスとよく言いますが、ピンチを乗り越えた時には、大きな信頼関係が生まれるんです。真価が問われるのはピンチのときだと実感した出来事が何度もありますね。 


Q.これから実現してみたいこと、さらに取り組んでいきたいと考えていることはどんなことですか?

法務担当になって、これまで知らなかったことをたくさん知ることができました。また、これまでとは別の視点で物事を見る目も養うことができたと感じています。その経験や“リスクマネジメント”の考え方を生かして事業に携わりたいと思っています。先ほどもお話したとおり、リスクをわかった上でリスクを取ることは良いけれど、判らないまま突っ走るのは本当に危険なことですから。
この数年、法務担当で色んなケースに関わらせてもらってつかんだ感覚を事業に生かしていきたいです。


Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください

休日は主婦としてママとして動きまわっています!どうしたって平日にできることは限られてしまうので。
息子のお稽古事が土・日曜に集中するので、送り迎えも大変です。 

---何を習ってるんですか?

スイミング、英会話と、最近は自分から剣道も習い始めました。それから、サイエンスクラブにも通わせています。白衣を着てリトマス試験紙を使った実験や太陽光カメラの製作などが体験でき、とても楽しんでいますよ。

---青木さんご自身の趣味はなんですか?

「狂言」のお稽古を20年以上続けています。京都出身なので古典芸能もわりと身近な習い事なんです。「狂言って難しそう」とよく言われますが、実はコメディなんですよ。平たく言うと“600年前の吉本新喜劇”みたいなものです!(笑)「能」は神や歴史上の偉い人物の高尚な物語ですが、「狂言」は身近にあるドタバタ劇(夫婦間の痴話喧嘩やご近所トラブルなど人間模様)です。厳粛な観覧ルールはないので、面白かったら声を出して笑ってOKです!
こういった身近な話は世界共通のようで、日本語がわからない外国人にもウケるんですよ。ジェスチャーなんかで理解できるみたいです。 

もともとお芝居を観ることが好きでした。舞台、ミュージカル、古典芸能、宝塚・・・など、子供が産まれるまでは毎週のように劇場に通っていました!

最近は子供向けに楽しく学べる歌舞伎や狂言の催しなども増えているので、家族そろって観にいけるようになったのが嬉しいですね。


-------

「心おどる仕事人」ではレゾナントビジョン“私たちは、心おどる未来をクリエイトするネット企業、日本代表となる。”を体現する社員を紹介しています。



この記事をはてなブックマークに追加

「教えて!gooウォッチ」で4コマ漫画「マモニャン」が連載開始!

2017-05-19 | gooからのお知らせ

みなさん、はじめまして!
NTTレゾナント広報担当 高根です。

教えて!goo」で話題の出来事を紹介するコラム「教えて!gooウォッチ」にて、5月19日から4コマ漫画「マモニャン」が連載開始します

でにKADOKAWAコミックウォーカーで人気連載中の本作を、第一話から最新話まで順次お届けします!
http://oshiete.goo.ne.jp/watch/writer/Team+Mamonyan/comic/51/


「マモニャン」とは…

ポケモンのキャラクターデザインに携わる姫野かげまる先生がデザインした、Twitterでも注目を集めている人気急上昇中の猫のキャラクターです。
http://mamonyan.com/ 



「教えて!gooウォッチ」ではマモニャンのキャラ弁や大根おろしアートなど紹介してきましたが、満を持して4コマ漫画の連載が始まります
ちょっとした休憩時間や移動時間などに癒されてくださいね♪


この記事をはてなブックマークに追加