学習・心理カウンセラー 佐々木耕二 のブログ      日本の心 世界の心 森羅万象ワンネスの心

生涯学習の悦楽、安心立命の観照、創造主の意志、森羅万象ワンネスの慈愛、摂理に感謝、使命を悟り人生至福

羅針盤を欠いた航海同然!

2016-09-13 16:46:02 | 地方自治の本旨

市政に従事する基本法として、地方公務員法は、その第一条に「民主的かつ能率的な運営」をもって地方自治の本旨の実現に資すると明記され、「法の本旨」が、紛れもなく民主的にして能率的な行政の確保を目的としていることが解かります。

別府市職員服務規程は更にその流れで、能率について、「能率かつ適格迅速に処理するよう」ねんごろに求めています。

更に、地方公務員法には、職員は、「その職に必要な適格性を欠く場合」(28条の二)を問題にし、「その職の信用を傷つけ、又は職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。」(33条)と厳に律しています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地方公務員法の「目的」に注... | トップ | 「法の主旨」を戴した安全航... »

コメントを投稿

地方自治の本旨」カテゴリの最新記事