goo

RSSリーダー
最新ニュースやブログを自動収集
gooトップ サイトマップ ヘルプ
関連: ブログ

gooRSSリーダー スタッフブログ
マニュアル【ウェブ版(HTML)アプリ版(PDF)アプリ版(HTML)】 | 便利な使い方【ウェブ版アプリ版】 | よくあるご質問
goo RSSリーダー > お知らせ
goo RSSリーダー(ウェブ版・ケータイ版・アプリ版)を提供するスタッフがおくる最新情報等のお知らせページです。
お知らせ / 2011-06-01 11:00:00
Comment:(3) | Trackback:(0

「goo RSSリーダー」サポートの終了について

平素より「goo」サービスをご利用いただき、まことにありがとうございます。

以前より(※)お知らせさせていただきましたとおり、
2011年5月31日(木)をもちまして「goo RSSリーダー」のサポートを終了させていただきました。


「goo RSSリーダー」アプリ版及びブログライター 提供終了のお知らせ
  「goo RSSリーダー」ウェブ版・ケータイ版 サービス終了のお知らせ
  
  
ウェブ版・ケータイ版にてご登録いただいたRSSフィードや閲覧履歴、保存した記事等のデータは、弊社規定に従いすべて削除させていただきます。
長きにわたるご利用、ありがとうございました。

お知らせ / 2011-03-31 20:00:00
Comment:(4) | Trackback:(0

「goo RSSリーダー」アプリ版及びブログライター 提供終了のお知らせ

日頃より 「goo RSSリーダー」アプリ版 ならびにブログライターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご利用いただいております弊社製品「goo RSSリーダー」アプリ版 ならびにブログライターにつきましては、
2011年3月31日(木)をもって、製品提供 ならびに アドバンス機能の販売を終了させていただくこととなりました。
また、製品サポートにつきましても 2011年5月31日(火)付で終了とさせていただきます。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


【提供終了の対象商品】

 「goo RSSリーダー」アプリ版 (無料/アドバンス機能 *有料/ブログライター機能)
 

【提供終了後のお問い合わせ受付期間 (サポート期限)】

 2011年5月31日(火)まで

※上記以降、製品に関するお問い合わせにつきましては
  承れない場合がございますこと予めご了承下さい。


【ご利用データのバックアップについて】

以下手順にて、登録されたRSSサイト一覧(OPMLファイル)をバックアップいただけます。
(OPMLファイルに対応した 外部サービスにて再利用できます)

1.gooRSSリーダー(アプリ版)を起動し
 「ファイル(F)」から「サイト一覧(OPMLを保存...)」を選択。

2. 「名前をつけて保存」と表示されますので、 任意のファイル名をつけて保存して下さい。

3.ブログライターのローカルに保存した記事をバックアップする機能はございません。公開または非公開を選択し「記事を投稿」を行ってサーバーに送信してください。


【提供終了後のご使用について】

「goo RSSリーダー」無料版ならびにブログライターをご利用のお客様、及び
アドバンス機能のシリアルキーをご購入のお客様、ともに、
一部の機能を除きお客様の責任において継続してご使用いただけます。
(アドバンス機能のシリアルキー等、製品の継続利用に必要な情報は
 サービス終了前に、お客様ご自身にてお控えください)

※なお、今後のバージョンアップ ならびに 再ダウンロード提供の予定はございません。

今後とも、gooでは皆様に安全で快適にご利用いただけるサービスを提供して参ります。
引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い致します。


お知らせ / 2011-03-31 20:00:00
Comment:(0) | Trackback:(1

「goo RSSリーダー」ウェブ版・ケータイ版 サービス終了のお知らせ

日頃より「goo RSSリーダー」ウェブ版・ケータイ版をご利用いただき誠にありがとうございます。

「goo RSSリーダー」ウェブ版・ケータイ版は、
2011年5月31日(火)をもちまして サービス提供を終了させていただくこととなりました。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なおサービス終了に先立ち、新規のユーザー登録は 2011年4月1日(金)付で停止させて頂きます。


【データのバックアップについて】

以下手順にて登録されたRSSサイト一覧(OPMLファイル)及び保存した記事をバックアップいただけます。
(OPMLファイルはbookmarkファイルは対応した外部サービスにて再利用できます)

1.gooRSSリーダー(ウェブ版)にログインし、
 画面左枠のRSS一覧の下部にある「OPMLの読み込み」をクリック。

2.「インポート/エクスポート」タブが選択されていることを確認し、
 下部にある「サイト一覧(OPML)保存」にて「保存...」ボタンをクリック。

3.「ファイルのダウンロード」が表示されたら「保存(S)」を選び、
  任意の場所にOPMLファイルを保存してください。

4.画面左枠のRSS一覧の上部にある「保存した記事」をクリック。

5.画面上部の「保存した記事をエクスポート」をクリック。

6.「ファイルのダウンロード」が表示されたら「保存(S)」を選び、
  任意の場所にbookmark.htmlファイルを保存してください。

 

今後とも、gooでは皆様に安全で快適にご利用いただけるサービスを提供して参ります。
引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い致します。


お知らせ / 2010-09-13 19:50:00
Comment:(0) | Trackback:(0

決済サービスのリニューアルに伴う一部機能の停止について

2010.9.16 19:50

本リニューアルは19:45に終了し、機能を再開いたしました。
予定より大幅に超えてしまった事、お詫び申し上げます。




いつもgooRSSリーダーをご利用いただき誠にありがとうございます。

当サービスでは決済サービスのリニューアルに伴い、以下の日程において一部の機能が利用出来なくなりますことをお知らせ申し上げます。

※当初、再開時刻を本日11:30とお知らせしておりましたが、作業時間延長に伴い13:00に変更いたします。

日時:2010年9月16日(水)午前2:00 ~ 13:00(予定)


停止機能:
 アプリ版
  ・RSSリーダーアドバンス機能のご購入

 ウェブ版、携帯版
  ・gooiD新規登録、削除
  ・gooiDログインパスワード変更
  ・本人性確認(パスワード忘れ)

アプリ版、ウェブ版、携帯版ともに通常のご利用には影響はございません。


詳細につきましては「リニューアル工事に伴う一部サービスの停止について」、及び「らくらく決済が変わります!」をご確認ください。

ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

メンテナンス・障害情報 / 2010-03-29 19:00:00
Comment:(1) | Trackback:(0

gooIDメンテナンスに伴う一部機能の停止について

いつもgooRSSリーダーをご利用いただき誠にありがとうございます。

当サービスでは以下の日程において、一部の機能が利用出来なくなりますことをお知らせ申し上げます。

日時:2010年3月31日(水)午前0:00 ~ 8:00(8時間)

停止機能:
 アプリ版
  ・RSSリーダーアドバンス機能のご購入

 ウェブ版、携帯版
  ・gooiD新規登録、削除
  ・gooiDログインパスワード変更
  ・本人性確認(パスワード忘れ)

アプリ版、ウェブ版、携帯版ともに通常のご利用には影響はございません。


詳細につきましてはgooヘルプをご確認ください。

ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

【更新情報】機能強化等 / 2009-12-22 07:00:00
Comment:(3) | Trackback:(0

【ウェブ版】RSS及び記事の新着フィルタ、ファビコン表示等の機能追加について

いつもgooRSSリーダーをご利用いただき誠にありがとうございます。

ウェブ版gooRSSリーダーの機能追加・修正版をリリースしました。

主な機能追加・改善点は以下の通りです。


【RSSメニュー】の機能修正
●ファビコン表示

TitleColor
RSSメニュー内の各フィードにファビコンを表示いたします。

この変更に伴い、これまで更新されたフィード及びフォルダにはには[up]マークの付いたアイコンをつけていましたが、今後はタイトル色によって区別いたします。

更新: 黒/未更新:灰色


また以前と同じくファビコンをクリックするとそのフィードの操作メニュー(設定、削除、更新)を開閉します。

なおファビコンを取得できなかったり未取得の場合は替わりにフィードアイコンとなります。
ファビコンは人気RSSやgooのRSS、ランキングでも表示されます。


●新着スイッチ

スイッチ画像
更新されたRSSフィード及びキーワードのみを表示させるスイッチを追加しました。

このチェックボックスをONにすると、更新されたフィードのみ一覧表示します。
中に更新フィードが無いフォルダも表示されません。
ショートカットキーでの上下も有効です。

新着ONの時、RSSフィードを選択して記事一覧を開いてから別のフィードを選択すると、前のフィードは未更新となることでメニューから消えます。
これにより常に新着分のみ表示されるので、更新チェックが効率よく行えます。



●クイックフィルタ
QuickFilter
登録フィードを絞り込んで表示するフィルタ機能を追加しました。

入力欄に検索ワードを入力するだけで即座に、その検索ワードがタイトルまたはURLに含まれるRSSフィードまたはキーワードのみをメニュー内に表示します。

また新着スイッチがONの時は、さらに更新フィードに絞り込みます。
ショートカットキーでの上下も有効です。

この機能追加に伴い、検索ダイアログによるRSSメニュー内のジャンプ機能は廃止いたしました。




【記事一覧】の機能修正
●新着記事スイッチ

新着記事のみを表示させるスイッチと設定を追加しました。

新着記事とは、以前にRSSフィードを選択して記事一覧を表示させた後に、そのフィードに追加された記事のことです。

操作メニュー内の新着スイッチをONにすると、そのフィードやフォルダの新着記事のみ表示されます。
また設定ダイアログの「表示記事数」にて「新着記事」を設定することにより、
そのフィードやフォルダの選択直後の表示を新着に固定できます。
この設定と新着記事スイッチは連動しています。

記事一覧では記事タイトルの左の既読ボタンが、新着記事の場合は赤くなります。

ボタン色

新着スイッチがONの場合、記事概要を表示後、別の記事の概要を表示させると前の記事は一覧から削除されます。このためマウスやキー操作で記事を移るごとに見た記事が消えていくので、新着記事をサクサクと読み進めることができます。
(概要表示が"全て表示"は除く)


なおお試し版ではRSSの履歴が無いため、記事は全て未読となります。


●記事一覧のタイトルバーの操作ボタン

これまで記事タイトルの右にあった[操作]メニューをボタン化し、さらに操作メニュー内のよく使う機能もボタン化しました。
これにより[操作]メニューを閉じたままでも、操作しやすくしました。

タイトルバー

  • 全て表示: 表示条件に関わらず、RSSフィードに含まれる全記事を表示します
  • 再表示:  表示条件に従って一覧を再表示します
  • 操作メニュー表示: 操作メニューを開閉します
  • 一覧開閉: 一覧を開閉して、タイトルバーのみ表示させます。
  • ファビコン: その一覧に表示されている記事を「全て既読」にします(以前より)
  • 記事タイトル: クリックでそのRSSの元ページを別ウィンドウで開きます(以前より)


●記事一覧の開閉

タイトルバーのみ残し、記事タイトルや概要を非表示に出来ます。
フォルダを選択した際、とりあえず見なくてよいフィードを閉じるとすっきりします。


その他
●チュートリアル

初めての方でも当RSSリーダーの使い方をご理解いただけるよう「おすすめ入門RSSパック」を提供いたします。

これには記事として読み進めながら操作を体験していただく「gooRSSリーダー入門」と、RSSフィードとはどのようなものかをご覧いただけるよう様々な体裁のRSSをサンプルとして含んでおります。

新規ユーザー及びお試し版にはあらかじめ追加されておりますが、既存ユーザーもご利用いただけるようOPMLでも配布いたします。OPML
このアイコンのリンクを「全体設定」の「インポート」欄に入力して「読み込み」を行うと、RSSメニューに追加されます。

また「gooRSSリーダー入門」を単独でご覧いただくには以下をご登録ください。
http://reader.goo.ne.jp/web/xml/newbie.xml




goo RSSリーダーは引き続き、皆さまのご要望などをもとに新機能の追加や機能改善を実施していきます。
今後ともよろしくお願い致します。

goo RSSリーダー担当 渡邊

メンテナンス・障害情報 / 2009-10-22 09:55:27
Comment:(0) | Trackback:(0

【アプリ版・ウェブ版】"キーワード"の更新障害についてのお知らせ


13:00 追記:
昨日23:30頃より"キーワード"が取得できない状態となっておりましたが、本日11:00頃復旧いたしました。
ご利用中の皆様にはご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんでした。
引き続きgooRSSリーダーをご愛用いただけますようお願い致します。


いつもgooRSSリーダーをご利用いただき誠にありがとうございます。

現在gooブログ検索サービスにおいてシステム障害が発生しているため、アプリ版及びウェブ版、ケータイ版にて登録された「キーワード」の更新処理が行われず、「RSSを取得できません(レスポンスエラー:801)」と表示されます。

現在復旧に全力を尽くしておりますが、復帰時刻は未定です。

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
しばらくお待ちいただけるようお願い申し上げます。

gooRSSリーダー スタッフ一同


お知らせ / 2009-10-21 19:00:00
Comment:(1) | Trackback:(0

【アプリ版】データフォルダのファイル解説と復旧について

いつもgooRSSリーダーをご利用いただき誠にありがとうございます。

今回アプリ版及びブログライターのデータフォルダ内の主要なファイルやフォルダとトラブル時の復旧方法についてご説明申し上げます。

RSSリーダーやライターの不調時やPCやアプリの入れ替え、以前から蓄積されたデータを何かに転用したい、などの際にこれらのファイルについて理解していただいていると、ご自身で問題を解消したり活用していただくことが可能となります。

内容的にはパソコンに詳しい方向けになっておりますのでご了承ください。



データフォルダの場所

・XP/2000
C:\Documents and Settings\ログインユーザー名\Application Data\goo\RssReader3


・Vista/Windows7
C:\Users\ログインユーザー名\AppData\Roaming\goo\RssReader3


主要なファイル/フォルダ

"scrap"フォルダ

RSSリーダーアドバンスの拡張機能「スクラップ保存」によるデータが収納されます。メモやラベルは含まれませんが、IEでウェブページを「名前を付けて保存」する際のデータ形式(mht/html)と同じものですので、他のアプリやIEでも開くことが出来ます。


"weblogs"フォルダ

ブログライターのデータが含まれます。"weblogs.plist"が「投稿ブログ一覧」に登録されたブログへの接続データで、記事は投稿ブログごとのフォルダ内に含まれます。フォルダごとコピーしておくとバックアップになります。


folder3.opml

RSSやキーワード、ブックマーク等の登録データがOPML形式で記述されています。
この中のURLを書き換えることでgooブログのRSS2.0などに変更することが可能ですが編集時にはご注意ください。folder3.opml.bak***というファイルはバックアップとして使える中間ファイルです。


gooRSSReader.db

記事データベース本体です。取得済み記事や保存記事や履歴情報が含まれます。
自動でバックアップされないのでコピーを作成しておくのがお奨めです。
RSSリーダー不調時にはファイル名を変更してから起動すると、新しいDBが作成されて復調することがあります。
このDBファイルはSQLite3で作成されていますので、SQLite3を取り扱えるユーティリティを用いることで壊れたDBファイルからデータを復元することも可能です。
またvacuumを行うことでDBファイルを縮小し起動を早くすることができます。

なお記事一覧で「削除」を選択した記事は「古くなった記事を自動削除」するまでDB内に残っています。OFFにしているとDBファイルが肥大化する一因になりますのでご注意ください。


settings.plist

RSSリーダーの設定ファイルです。これもバックアップを作成しておくと、不調時の再インストール時などに復元するのが早く出来ます。


quoters.plist

「ブログへの引用」設定が含まれています。




●再インストールしないで早く復旧する方法


なにかのトラブルでうまく動作しない時にアプリケーションを再インストールし、初期化をする事でトラブルを回避する場合がありますが、gooRSSリーダーにはアプリケーションを再インストールしなくとも初期化または最小限の復元を行う方法があります。



(1) RSSリーダーを終了しておく


(2) まず元のデータフォルダの名前を変更する。
"RssReader3"を"RssReader3.backup"などに変更します。これで元のデータを復元する可能性を残しておきます。


(3) 同じディレクトリ(\Application Data\goo)に空の"RssReader3"フォルダを作成する。


(4) アプリ版を起動する。
これで新規インストール直後と同じ状態になります。
正常に起動または動作しない場合は、プログラム自体が壊れている可能性がありますので再インストールを行って下さい。ただしOSやハードディスクなどが原因の場合もあります。



続いてなるべく元の環境に戻せるよう順番にデータファイルを入れ替えながら試していきます。

(5) まず"RssReader3"フォルダの中身を全て削除し、バックアップしたデータフォルダから"gooRSSReader3.db"以外のファイル、フォルダを"コピー"し、RSSリーダーを起動する。
起動後に「全てのサイトを更新」し問題だった症状を確認する。解消されれば、取得済みの記事を除いて復旧できたことになります。


(6) 5.で解消しない場合は、再び空にしたRssReader3フォルダにバックアップからsettings.plistとfolder3.opmlのみをコピーしてRSSリーダーを起動する。
症状が再現しなければ、"weblogs"や"scrap"内のデータが破損している可能性があります。"weblogs"は破棄してもブログライターで「記事一覧の更新」を行うと復元できます。(取得件数に制限があります)


(7) 6.で解消しなければ、空にしたRssReader3に"settings.plist"または"folder3.opml"のみをコピーし、RSSリーダーを起動する。
症状を確認し再現されれば、もう一方のみでの起動を試す。


このように問題のあるファイルを絞り込んで取り除き、それ以外のファイルをデータフォルダに戻すことで復元ができるケースが多くあります。
gooヘルプデスクでも受け付けておりますので、うまくいかない時やご質問があればお問い合わせ下さい。



goo RSSリーダー担当 渡邊

お知らせ / 2009-10-21 18:00:00
Comment:(0) | Trackback:(0

【アプリ版】RSSリーダー及びブログライターのWindows7及び新規PCへのデータ移行について


いつもgooRSSリーダーをご利用いただき誠にありがとうございます。

いよいよWindows7のリリースが秒読みになってまいりました。
さっそくアップグレードやこの機会にPCをお買い替えをお考えのユーザー様も多いと思いますが、これまでご利用いただいているgooRSSリーダーアプリ版やブログライターのデータをどのように新環境に移行したらよいかをご案内いたします。

また、この方法により通常時のデータのバックアップや移動も行えますので、アップグレードしない方も是非ご覧下さい。



(1)データフォルダのコピー

インストーラによって現行のOSからWindows7へアップグレード(上書き)インストール出来る条件は限られているため、多くのユーザー様はクリーンインストール(一旦全てを消してからのインストール)となることが予想されます。

RSSリーダーやブログライターのデータは、アプリケーションが管理している特定のデータフォルダ内に保存されていますので、このフォルダごとバックアップを行い、OS及びアプリケーションのクリーンインストール後にデータフォルダを所定の位置に置くことで、新環境でも継続して元のデータをご利用いただくことが可能です。


データフォルダは、以下のディレクトリ内の「RssReader3」フォルダです。

●XP/2000の場合
C:\Documents and Settings\ログインユーザー名\Application Data\goo

●Vistaの場合
C:\Users\ログインユーザー名\AppData\Roaming\goo

例えば"rssgoo"というユーザー名(でXP)ならば、
C:\Documents and Settings\rssgoo\Application Data\goo
という文字列をエクスプローラー(またはIE)のアドレスバーに入力して移動すると上記フォルダが開きます。

その中にある「RssReader3」フォルダをそのままCD/DVDやハードディスクなどにコピーしてください。
※圧縮も可能ですが、使用するツールやフォーマットによってはうまく復元できない可能性がありますので、ご確認の上ご使用ください。


(2)Windows7にて

Windows7へのインストールが終了したら、まずRSSリーダーを新規インストールしください。
次に一度起動して直ぐに終了してください。
※ウィンドウの×ボタンやCtrl+Qでの終了は、右下のタスクトレイに収納され本当の終了ではないのでご注意ください)

次にWindows7でのデータフォルダの場所
C:\Users\ログインユーザー名\AppData\Roaming\goo
を開いてください。

その中の"RssReader3"フォルダを、バックアップした元のフォルダと入れ替えてください。

以上でデータの移行は終了です。
RSSリーダー及びブログライターを起動しデータが再現されるかご確認ください。


今後ともgooRSSリーダーをよろしくお願いします。

goo RSSリーダー担当 渡邊



お知らせ / 2009-10-14 18:30:00
Comment:(0) | Trackback:(1

gooブログのRSSフィードに全文表示のRSS2.0が追加されました

いつもgooRSSリーダーをご利用いただき誠にありがとうございます。

gooブログで配信しているRSSフィードにRSS2.0が追加されました。
これまでのRSS1.0に比べて以下が拡張されています。

・ブログ記事本文が全文取得できます。
・ブログ記事内のAタグで挿入したリンクが取得できます。
・IMGタグで挿入した画像や絵文字が表示できます。
・ブログ記事に添付した、画像フォルダの画像が表示できます。


RSS2.0は全てのブログにて配信されるため、ブログ画面中にRSS2.0アイコンが無くても、これまでのフィードURLを

http://blog.goo.ne.jp/goorssreader/index.rdf
      ↓
http://blog.goo.ne.jp/goorssreader/rss2.xml

の様に末尾を書き換えることで、新しいフォーマットの方を購読することが出来ます。

当RSSリーダーではユーザー様が登録済みのものを強制的にRSS2.0に置換することは致しませんので、切り替えたい場合はお手数ですが各登録フィード毎にて再設定していただくようお願い申し上げます。

◆RSSフィードのURLの変更の仕方

ウェブ版の場合

10.15追記
なお登録RSSのURLを変更した場合、変更直後(次回ログインまで)の既読情報が失われる症状がありますので早急に対応いたします。
→ 対応しました(10.15)

注意事項:変更した後でも"あとで読む"や"保存"、"閲覧"した記事情報は変更前のRSSの記事として残りますが、既読情報は変更前のものしか残らず、URL変更後の記事は全て未読になることをあらかじめご承知おきください


(1)登録RSSの設定ダイアログを開くには、RSSの左のアイコンをクリックすると表示される操作メニューから「設定」を選択してください。


(2)ダイアログが開いたら「RSSのURL」欄の末尾を変更し、画面下部の「設定」をクリックしてください。



アプリ版の場合

アプリ版では登録RSSごとの設定メニューは無いため、RSS2.0を追加し、RSS1.0は削除する手順で入れ替えて頂くようになります。

最も手間がかからない手順として以下をお勧めします。

(1)登録RSS上で右クリックし「クリップボードへコピー」内の「RSSのURL」を選択する。

(2)RSS一覧上の「サイト追加」をクリック(またはCtrl+Rキー)で「サイトの追加」ダイアログを開く
(3)するとURL欄には(1)でコピーした登録RSSのURLが挿入されているので、末尾の「index.rdf」を「rss2.xml」に変更し、「判定」と「追加」ボタンをクリック
(4)古いRSSの右クリックして「削除」を選択する


上級者向け(OPMLを利用)

gooブログのRSSが大量に登録してあるため一つづつ変更作業を行うのが大変な場合、OPMLをテキストエディタで編集することにより効率的に置換を行えます。

(1a)アプリ版の場合、ファイルメニューの「サイト一覧(OPML)を保存」を選択し、アプリ版.xml等のファイル名をつけて好きな場所にOPMLを保存する


(1b)ウェブ版の場合、設定メニュー(リーダー全体設定)をクリックし、開いたダイアログのタブの「インポート/エクスポート」に切替えて、「サイト一覧保存」の保存ボタンをクリックする。(1a)と同じファイルダイアログが現れるのでファイル名を付けて好きな場所にOPMLを保存する。


(2)OPMLをテキストエディタで開くと次のようになっています。(一部省略)
この中からエディタの検索機能で「blog.goo.ne.jp」を探したり、一括置換を行って下さい。

<?xml version="1.0"?>
<opml version="1.1" xmlns:goorss="nttr://goorssreader_3_0/#">
  <head>
    <title>goo RSSリーダー サイト一覧</title>
    <ownername>NTT Resonant Inc.</ownername>
  </head>
  <body>
    <outline title="くるねこ大和" type="rss" xmlUrl="http://blog.goo.ne.jp/kuru0214/index.rdf"/>
    <outline title="CHOCHO生しぼり" type="rss" xmlUrl="http://blog.goo.ne.jp/chochochan/index.rdf"/>
    <outline title="渡辺明ブログ" type="rss" xmlUrl="http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/index.rdf"/>
    <outline title="マイマイ新子と千年の魔法" type="rss" xmlUrl="http://blog.goo.ne.jp/maimai_1121/index.rdf"/>
    <outline title="大関日馬富士ブログ" type="rss" xmlUrl="http://blog.goo.ne.jp/harumafuji/index.rdf"/>
  </body>
</opml>

※参考:正規表現による置換
検索文字列:http:\/\/blog\.goo\.ne.jp\/([a-z0-9_]+)\/index\.rdf
置換文字列:http:\/\/blog\.goo\.ne.jp\/\1\/rss2\.xml


(3)修正したOPMLをRSSリーダーで読み込みます。
・アプリ版の場合、ファイルメニューの「サイト一覧(OPML)を読み込む」を選択し、ファイルダイアログでOPMLを選択してください。
・ウェブ版の場合、「設定」「インポート/エクスポート」の「サイト一覧(OPML)読み込み」の参照ボタンをクリックし、ファイルダイアログでOPMLを選択して下さい。


今後ともgooRSSリーダーをよろしくお願いします。


« 前ページ   

gooトップ サイトマップ 広告掲載 免責事項 プライバシーポリシー ヘルプ
goo Copyright:(C) 2009 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.