ダーツとブログタイトルはむずかしい

ダーツ難しいね うまくなりたいね

効き目、狙い方、ライン

2017-06-17 23:27:22 | 練習

今日は久しぶりに家で頭つかいながらがっつりめに投げられてよかった。

考えたことを書きます。


今まで自分はターゲットを狙うとき、


なんとなく見て


なんとなくそれっぽいところに腕を出して


そこでダーツが向いてる方向にそのまま投げてました。



まあ見てわかるとおり、結構いい加減です。

だからかは定かでないですが、一度横ズレし始めるとなかなか修正できないっていう悪癖というか悩みはずっとありました。


そこで今日は狙い方とか、いわゆる「ライン」について自分なりに愚考してみた次第でして。


まず、自分の視界は基本的には効き目に支配されてますよね。

ってことは自分が見てる景色っていうのは、効き目がある点からみた景色だと思ってほぼ問題ないはずです。

今まではここをどうしても、腕の運動の原点である、肩の真上からの景色を見ないといけないのかと思っていました。

しかしいざそれをやろうとすると、どうにも首から肩が窮屈で、満足に腕を動かせないので適当なままにしてたわけです。


今日の練習で試行錯誤した結果、自分の視界は肩の真上でも適当でもなく、「自分の効き目(僕の場合左目)がある場所」から見た景色である。

ってことを強く意識すると以前に比べて格段に狙いをつけやすかったです。

イメージとしては、自分とダーツボードの位置関係を、今までは100%主観で見ていたのが若干ですが客観的に捉えることができるようになった気がします。



そんな感じで自分の視界について理解を深めたような気になったところで、次の段階。

じゃあ自分の投げたダーツはどんな軌道で飛んでいってボードに刺さっているのか?

ラインイメージってやつですね。

これも、今までは効き目からラインをイメージして、実際にテイクバックでも効き目に向かってダーツを引いて投げてイメージを作っていくものだと思っていました。

で、実際にやろうとすると、これも窮屈すぎてまともに投げられないのであきらめて適当にやってました。

そこで今日試してよかったのが、ラインを肩から出るイメージにすることです。

正確には、肩と、構えてるダーツと、狙ってるターゲットを含む平面をイメージしてその中でダーツを動かすようにしてみました。

今はまだグリップとリリースの部分で曖昧なところがあるので、縦ライン重視でこういうイメージにとどめていますが最終的には線のイメージに絞り込みたいですね。




人によっては当たり前にやってることかもしれませんが、自分は悩みがひとつ解決できたかも!って思うくらい感覚がよくなったので長々と書いてしまいました。明日もいい感覚で投げれるといいなーーーーー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投げる動作のうち、何を意識... | トップ | イメージとアウトプット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。