ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

水戸の古木(4)

2017-05-15 21:53:17 | 地域紹介

 年数は市の建てた保存樹表示に記された数字です。

 

シイ(大場町 個人宅) 300年
 個人宅の入口付近にあり、恵比寿大黒の面が根元に飾られていました。

 

スギ(鹿島香取神社 小泉町) 300年
 この神社には、樹齢300年のスギが2本ありました。

 

タブ(香取神社 大串町496) 300年
 この外に、シイで樹齢300年が2本、200年が1本あります。

 

ケヤキ(芳賀神社 栗崎町1677) 200年
 この神社は石段脇にわき水があったり、拝殿・本殿の彫刻が少し変わっていたり、境内社それぞれに神社名が表示されていたりしています。

 

ニセアカイア(ハリエンジュ 偕楽園東入口 常磐町1-3-3) 100年以上
 ニセアカシアは明治初めに渡来したそうで、あまり古いものはないようですが、これは、大木になっていて国内では最大級のようです。ちょうど花が園内側に多く咲いていましたが、よく見えなくて残念です。

水戸の古木(3)

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸の〇(4) | トップ | 徳川斉昭の改革余波を受けた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL