ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

水戸の街路樹(2)

2016-11-05 21:02:06 | 地域紹介

 柳堤には、柳の木が植えられていたそうですから、水戸での街路樹の典型は柳堤だったといっていいのではないのでしょうか。また、一里塚に植えられたエノキなども街路樹の一種だったのでしょう。

 

スズカケノキ
 柳堤橋から吉田神社に到る藤柄町にある道にある街路樹で、道の名称をすずかけ通りともいうそうです。藤柄町は、日本武尊が上陸するとき、藤蔓(ふじづる)を使ったというので名づけられたといいます。

 

モッコク
 ケーズデンキスタジアム正面に向かう道にあります。道の中央分離帯には、ケヤキが植えられています。見たときは赤い実がきれいでした。

 

マツ 
 三の丸3丁目、獅子像前の道にあります。かつてこの道は、那珂川の河岸に向かう常磐線の引き込み線が通っていたところだそうです。

 

ユリノキ 
 水戸市河和田1丁目あたりの道にあります。妙心寺の近くです。ユリノキは葉の形からハンテンボク(半纏木)ともいいます。

 

ハナミズキ 
 姫子1付近の道路にあります。まだ木は大きくなっていません。県庁北通り中央信号付近にもありました。

水戸の街路樹(1)

 

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸城の推移 | トップ | 水戸の看板(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL