ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

水戸の青面金剛

2017-07-14 21:37:46 | 地域紹介

 庚申講の本尊とされる神だそうで、天帝に告げ口をするという三尸(さんし)の虫をおさえる鬼神ということのようです。上方に日月を、下方などに三猿(みざるいわざるきかざる 庚申の申(さる)や、三尸の虫とも関係あるのでしょう)を配したりするものも多いようです。鬼神ですから、いろいろな武具等を持ち、怒りの青い顔をしているのだそうです。青面金剛童子とすることもあるようです。また、帝釈天の使者ともいわれるようです。

 

福徳弁財天(渋井町)

 

宝蔵寺(谷田町633)

 

野木神社(元吉田町)

 

台渡里八幡神社近く(渡里町)

 

観音堂跡(吉沼町)

 

観音堂跡(吉沼町)

水戸の庚申塔(1)

 

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸の日よけ幕(2) | トップ | 水戸市植物公園の夏の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL