ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

水戸の長屋門

2017-07-11 20:46:21 | 地域紹介


 中心部が武家地から商業地に変更になったり、焼けてしまったりして、大きく姿を変えてしまっている水戸は、むしろ農村部の方が昔のながめを楽しめるようです。長屋門などはそのよい例でしょう。ほとんどが、再建されているようですが、雰囲気はよく残っているようです。年貢等が厳しかったといわれる水戸藩ですが、各地に豪農といわれる家が沢山あったことがよく分かります。ただ、「良い意味での」法律枠がないようで、保存という点ではどんなものなのでしょう。

 

筑地町 ここの集落にはいくつもの長屋門があって、かつての繁栄が想像できます。中でもこの門はかなり古形を残しているようです。

 

加倉井町 今様の石の門の奥にあるため、気がつきにくいですが、たいへん立派な長屋門です。三社神社のあるあたりです。

 

大塚町 上中妻小学校近くです。すぐ近くにも立派な門の家があります。

 

飯富町 大井神社のある旧街道に面しています。

 

酒門町 国道6号線からはいってすぐの所にあります。

 

旧そば処長屋門(水戸市見和3) 今は国道50号線沿いの大塚町1473-6で営業しています。よい蕎麦です。

水戸の門(3)

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸の水泳の話題 | トップ | 水戸の街路樹(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL