ぶらっと 水戸

水戸の見て歩き

水戸の狛犬

2017-07-29 20:14:54 | 地域紹介

 寺社を守護する神獣だそうで、かつては向かって右に口を開けた角のない獅子と、左に口を閉じた角のある狛犬が対になっていたそうですが、今は共に狛犬といわれ、阿吽(右が口を開き左が口を閉じる)の形になっているそうです。また、かつては神仏習合だったため、寺にも狛犬があることもあるようで、祇園寺がその例です。水戸でも色々な狛犬の姿があるようです。

 

    

 水戸八幡(八幡町8-54)  阿吽の典型的な形なのでしょう。

 

    

 天神社(元吉田 常照寺裏手)  右に子が、左にまりがあります。

 

    

 金刀比羅、駒形神社(酒門町) 左に子が、右にまりがあります。

 

    

 祇園寺(八幡町11-69)  ここでは両方がまりです。

 

    

 銭谷稲生神社(浜田町150)   筋肉質な狛犬です。

 

    

 吉沼町・吉田神社 オオカミに似たスリムな狛犬です。

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸のハート(2) | トップ | 水戸の奉納額(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL